1枚の写真

写真ブログ。気の向くままに撮った風景など...。

井波 八日町通り

撮影日:2010/02/07
撮影地:井波 八日町通り(富山県南砺市)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


信仰と木彫りの里、井波。伽藍の壮麗な彫刻でもしられる瑞泉寺の門前町として栄えてきた六百有余年の歴史ある北陸の街です。

古い家々が軒を連ねる八日町通りは瑞泉寺へと続く表参道でもあり、いかにも門前町らしい落ち着いた風情を見せています。八日町通りの石畳を歩いていると何処からともなく彫刻の鑿や槌の音が聞こえてきます。この美しい街並みと木彫りの音により「日本の音風景100選」にも選定されおり、街を散策する観光客の目と耳とを楽しませてくれるのです。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

PageTop

兼六園 - 根上松

撮影日:2010/02/07
撮影地:兼六園 根上松(石川県金沢市)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


(以下、案内板より)
根上松(ねあがりのまつ)
十三代藩主前田斉泰(1822~1866)が、稚松を高い盛土にお手植えし徐々に土を除いて根をあらわしたものと伝えられる。

*   *   *


雪に覆われた地面からすっくと伸びた、とても大きくて立派な松でした。青々と瑞々しい葉がバックの青空に映えていて、爽やかで美しかったです。この前で記念撮影する観光客多数...。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

PageTop

兼六園 - 霞ヶ池

撮影日:2010/02/07
撮影地:兼六園(石川県金沢市)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


(以下、案内板より)
霞ヶ池
天保八年(一八三七)に掘り下げられた池で、広さは五八〇〇平方メートル。
池の中の島は、蓬莱島といい、不老長寿をあらわしており、また亀の甲の形をしているので、別名、亀甲島ともいう。

*   *   *


広々とした兼六園内でも特にこの位置からの眺めは、霞ヶ池を挟んで向こうに蓬莱島唐崎松雪吊りなどが見え、また背景もビルが雑然と立ち並ぶ金沢の市街地から外れるので、概してとても良いビューポイントです。
今年に入ってからの金沢市内は雪や曇天の日が多かったそうですが、そんな中でこの日は珍しく青空も顔を覗かせてくれていました。ただ、欲を言えばもう少しこの方角の空がが晴れていて、さらにもっと雪が積もっていてくれればなおのこと良かったのですけれども...。まあ、キリがないですね~(笑)



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

PageTop

【番外編】かわいい...

撮影日:2010/02/21
撮影地:郡山駅 新幹線ホーム(福島県郡山市)
別ウィンドウで写真を拡大(480×640ピクセル)


東北新幹線郡山駅ホームにある駅名標。ほかはゴシック体のカチッとした字なのになぜかこの駅名標は字体がかわいらしかったので、急いでカメラを取り出して撮影してしまいました...。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

PageTop

雪吊り ~ 兼六園 唐崎松

撮影日:2010/02/07
撮影地:兼六園(石川県金沢市)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


雪吊りで有名な兼六園。江戸時代を代表する林泉回遊式庭園です。

兼六園の中でも最も枝ぶりが見事な唐崎松(からさきのまつ)。13代藩主・前田斉泰(まえだなりやす)が琵琶湖畔の松の名所唐崎から種子を取り寄せて実生から育てた黒松です。
11月1日から雪吊りの作業が始められ、北陸に冬の訪れを告げる風物詩となっています。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

PageTop

飛騨牛にぎり寿し

撮影日:2010/02/06
撮影地:高山 上三之町(岐阜県高山市)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


3年前に高山を訪れた折は、すでに完売したとあって食べ損ねた「飛騨牛にぎり寿し」。今回念願叶って(笑)食べることができました。(※3年前の記事はこちら

お代の五百文(500円)を「こちら」と書かれた台の上に...。しばらくすると店先に置かれた俎板に、ネタに甘口のタレを塗ったレアっぽい感じの飛騨牛スライスが乗っかった握り寿司2貫が煎餅の上に乗って出てきました。
少々高級なファーストフードといった感覚でしょうか?肉も柔らかくてなかなか旨かったです~♪
まあ、旅しているときくらいはこんなささやかな贅沢というのもいいかもしれませんね。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

PageTop

高山上三之町

撮影日:2010/02/06
撮影地:高山 上三之町(岐阜県高山市)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


すでに5回目となる飛騨高山来訪。雪の高山は2年前に続き今回が2度目でした。

高山の街の散策場所で私がもっとも好きなのがこの上三之町周辺です。古い街並みが続くこの場所は飛騨高山の街中でも観光客が多く、今回も雪が激しく降っているのにも拘らずたくさんの人たちで賑わっていました。


※高山上三之町とその周辺については、以下の過去記事で詳しく触れています。そちらもご参照ください。
・飛騨高山 上三之町 その1-古い街並み/撮影日:2007/02/10
・飛騨高山 上三之町 その2-和紙民芸店と酒蔵/撮影日:2007/02/10
・飛騨高山 上三之町 その3-赤かぶら/撮影日:2007/02/10
・飛騨高山 上三之町 その4-飛騨牛にぎり寿し/撮影日:2007/02/10
・飛騨高山 上三之町 その5-雪吊り/撮影日:2007/02/10
・飛騨高山 上三之町 その6-出格子/撮影日:2007/02/10
・飛騨高山 上三之町 その7-酒蔵/撮影日:2007/02/10
・雪の飛騨高山 その1-旧高山町役場/撮影日:2008/02/17
・雪の飛騨高山 その2-上三之町/撮影日:2008/02/17
・雪の飛騨高山 その3-出格子/撮影日:2008/02/17
・雪の飛騨高山 その4-水車のある店先/撮影日:2008/02/17
・雪の飛騨高山 その5-人力車のある風景/撮影日:2008/02/17



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

PageTop

旧高山町役場

撮影日:2010/02/06
撮影地:高山市政記念館(岐阜県高山市)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


高山の街には、いまだ歴史的建築が多く残ります。そうした中のひとつが、古い街並みの残る三町伝統的建造物群保存地区(上一之町、上二之町、上三之町)から程近い高山市政記念館旧高山町役場)です。

この建物は明治28年(1895年)に建てられ、昭和43年(1968年)まで町役場・市役所として使われました。その後公民館として活用されたそうですが、昭和61年(1986年)からは市政記念館として保存されています。
2年前にも写真を掲載したのですが(※記事はこちら)、今回も雪景色でいい感じの写真が撮れましたのでご紹介してみました。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

PageTop

高山陣屋

撮影日:2010/02/06
撮影地:高山陣屋(岐阜県高山市)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


2年ぶりの高山の街は、この冬でもっとも激しい大雪に見舞われていました。
そんな雪降る中、江戸時代に代官が治政を行なったところで当時の建物が残る国内唯一の場所、高山陣屋へと足を運びました。

(以下、案内板より)
史跡 高山陣屋
元禄五年(一六九二)七月 六代高山城主金森頼旹(かなもりよりとき)は、出羽国上ノ山に移封となり、飛騨国は江戸幕府の直轄領となった。幕府は八月十八日関東郡代伊奈半十郎忠篤に飛騨代官を兼務させ、二十二日に加賀国前田加賀守綱紀に高山城在番を命じた。伊奈代官は金森氏家臣四家の屋敷を会所として金森氏移封後の事務処理に当たった。元禄八年(一六九五)四月高山城の取り壊しが始まり、三代高山城主金森重頼の三人の娘が居住していた向屋敷に代官所を移して“高山陣屋”と称した。以後明治維新に至るまで、飛騨国内の政務は高山陣屋で執行された。
(中略)
明治維新後、飛騨県、高山県、筑摩県、岐阜県と行政区画が変転する中にあって、旧高山陣屋は県政の庁舎等に転用され、また敷地も分割されていった。昭和四十四年飛騨県事務所が移転し、高山陣屋跡の管理は岐阜県教育委員会が所管することとなった。岐阜県教育委員会は全国にただ一つ現存する幕府の陣屋跡を後世に保存すべく、昭和四十五年以来、文化庁の指導・援助を得て復元修理工事を実施している。
  岐阜県教育委員会



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

PageTop

【特別企画】雪の五箇山ライトアップ

撮影日:2010/02/06
撮影地:五箇山菅沼集落(富山県南砺市)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


世界遺産にも選定されている五箇山菅沼集落の冬の合掌造りライトアップ。1年を通じてほんの2日間しか行なわれない限定イベントを見にいってきました。※2010年は2月6日と7日の開催

実は、雪の五箇山合掌造りライトアップの開催に合わせてここ菅沼集落を訪れたのは今回で2度目。3年前に来たときには暖冬のせいで雪が少なくてちょっと消化不良気味の感が拭えなかったのですが、今回はここ数日間続いた大雪のお陰で屋根まですっぽりと雪に覆われた合掌造りがライトの灯りで幻想的に照らし出され、とても素晴らしい眺めを楽しむことができました。降り積もった雪も3年前のときとは異なりさらさらのパウダースノー。お陰で集落を見渡すことのできる雪の山の上では、ズボっと腿まで埋まってしまったほどでした。

実はここに至るまでの道中はハプニング続きで現地到着も遅くなってしまい、果たしてライトアップ終了予定の20時半までに間に合うのだろうかとハラハラさせられたりもしたのですが、最後には本当に素敵なライトアップを目にすることができ、また19時半からのこきりこ節の踊りの実演にもなんとか間に合って、本当に「終わり良ければ...」といった感じで最後まで無事に鑑賞することができました。

今回は「特別企画」と銘打って少し多めの枚数の写真を掲載することにしました。どうぞお楽しみください。


※他の五箇山の記事は、下記INDEXにてご覧いただけます。
・世界遺産> 文化遺産> 白川郷と五箇山の合掌造り集落/Historic Villages of Shirakawa-go and Gokayama



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

PageTop

【番外編】北陸自動車道より立山連峰の眺め

撮影日:2010/02/07
撮影地:北陸自動車道 滑川IC付近(富山県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


ここ数年は毎年のように出かけている冬の飛騨・北陸方面の旅。今年も行ってきました!

本日の写真は、帰りに通った北陸自動車道のバスの車窓から見えた雪を纏った立山連峰の山々の眺めです。乗っていたバスの窓が色つきだったため写真の色調を修正しています。高速道路を走る車からの撮影であるため、ちょっとピン甘なのはご勘弁を(笑)
左端のギザギザの山が昨年新田次郎の小説が映画化されて話題となった剱岳、真ん中の台形でのぺっとした山(失礼!)が立山、その右が奥大日岳です。こうして写真であらためてゆっくり見てみると、立山の姿は室堂から見るのと同じ形でしかも山崎カール(※立山に残る氷河の浸食でできた谷状の地形)までハッキリと判るのが面白いですね。
思えば、私が本格的な日本アルプス歩きを始めたのは2007年の立山三山(※記事INDEXはこちら)と大日三山(※記事INDEXはこちら)の縦走からでした。そう思うとなにやらちょっと感慨深いです。

次回からしばらくは、この冬の飛騨・北陸方面の旅で出会った風景をお送りしていく予定です。どうぞお楽しみに。
なお、昨年9月末の穂高連峰縦走の記事の更新はしばしお休みさせていただきます。山好きの皆さま、ゴメンナサイ。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

PageTop