1枚の写真

写真ブログ。気の向くままに撮った風景など...。

くる年 2010 ~ ダイヤモンド富士の初日の出

撮影日:2010/01/01
撮影地:竜ヶ岳(山梨県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


新年あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

富士山頂に太陽が位置し、あたかもダイヤモンドが光を放っているかのように見えることから「ダイヤモンド富士」と呼ばれている現象があります。
このダイヤモンド富士、当然のことながら「日の出」と「日の入り」とのふた通りのケースがあるのですが、富士山の東側には関東平野が広がっているので「日の入りのダイヤモンド富士」が見えるスポットというのは富士山の周辺から千葉県や茨城県といった遠い地域まで実に広範囲に渡るのですが、一方で「日の出のダイヤモンド富士」はどうかというと、富士山の西側に南アルプスの3,000メートル級の峰々が連なっているためにそれより手前の一部の地域に限られてしまいます。まして、元旦の初日の出でこのダイヤモンド富士が見られる場所ということになると本当にごく一部の狭い地域に限定されてしまうのです。
※ダイヤモンド富士 | 見どころや魅力から探す | 関東の富士見百景(国土交通省 関東地方整備局のページ)

初日の出でこのダイヤモンド富士が見られる場所として有名な竜ヶ岳に友人ふたりを誘っていってきました。といっても、竜ヶ岳の頂上では富士山頂の右寄りに太陽が昇ってしまうようなので、それよりかなり下の石仏がある開けた平坦地までいって富士山頂ど真ん中に現れる初日の出を待つことにしました。
全国的に大寒波が猛威を振るっている中、この地方は冬晴れの中とはいえ気温はマイナス7度と冷え込んでいました。でも、寒風吹きすさぶ中でも、暑がりの私は途中でダウンジャケットを脱ぎ腰に巻きつけるといった始末。友人たちにも呆れられてしまった模様でした(笑)

肝心のダイヤモンド富士ですが、今朝の富士山は山頂付近で激しいブリザード(?)が吹き荒れていたようで、終始吹き上げられた冷気が雲となって山頂付近を取り巻いていました。そこに初日の出が昇ってきたので、先に雲が明るく輝きだしてその上にポンと円い太陽が顔を出したような、そんな感じでした。そのままオートで撮ると輝く雲と太陽とが一緒くたに光ったような感じに写ってしまい、太陽そのものの形が判別できなくなってしまいました。そこで、シャッター優先に切り替えたりなどカメラの設定をいじってみたりもしたのですが、結局は空に合わせてフォーカスロックして全体的に暗めに撮ることで逆に太陽自体の形を際立たせてみることにしました。とはいいつつも、こうしてあらためて見てみると何だかちょっと中途半端ですかねぇ(汗)



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

PageTop