1枚の写真

写真ブログ。気の向くままに撮った風景など...。

ライチョウ

撮影日:2009/08/29
撮影地:丸山(岐阜県、長野県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


本ブログでは『ライチョウ』というタイトルの記事掲載がこれで3回目となるのですが、撮影地はすべて異なります。
ライチョウ  撮影地:中大日岳、奥大日岳(富山県)
ライチョウ  撮影地:西穂独標に至る稜線上にて(長野県、岐阜県)
ライチョウ  撮影地:丸山(岐阜県、長野県)  ※今回の記事

雷が鳴るような悪天候のときには天敵の鷹などに狙われる危険性も低いことから、ハイマツの陰などから出ててきて活発に動き回るため「雷鳥」と名づけられたといいます。
今回の北アルプス裏銀座山行ではその後半で霧の立ち込める中を歩くことが多かったので、ライチョウの姿を沢山みかけました。黒部五郎小舎へと向かう途中のハイマツ帯、三俣蓮華岳から稜線の道を双六岳へと向かう間に位置する丸山、槍ヶ岳へと向かう途上の樅沢岳から左俣岳にかけて、そして槍ヶ岳の肩直下などで、何羽ものライチョウが姿を見せてくれました。それこそ登山道にまで出てきたりして...。
丸山では、ザックの中からアナログ12倍ズームの望遠装備のカメラを取り出して撮影することもできましたので、ここでその何枚かをご紹介させていただきます。

ライチョウの姿は見ていてどこかユーモラス。それだけに、山中で出会えるとなんだかとても嬉しくなってしまいます。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

PageTop