1枚の写真

写真ブログ。気の向くままに撮った風景など...。

びっき沼

撮影日:2009/04/11
撮影地:びっき沼(福島県福島市)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


びっき沼は土湯温泉の近くにあり、この付近の水芭蕉群生地の中ではもっとも早い時期に花が見られるところです。毎年4月上旬から中旬にかけて見ごろを迎え、このあと水芭蕉の花が見られるスポットは4月中旬から下旬にかけては仁田沼、5月上旬以降は土湯峠付近へと次第により標高の高い場所へと移っていくのだそうです。

「びっき」というのはこの地方で蛙のことを指すようで、管理事務所前で200円の維持管理協力金を払うと蛙の絵が印刷されたシールを渡されます。それを服の上などに貼り付けてから池の周囲をぐるっと巡る遊歩道を時計回りに歩いていきます。


以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

PageTop

水芭蕉

撮影日:2009/04/11
撮影地:びっき沼(福島県福島市)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


夏の思い出』でしられる水芭蕉ミズバショウ)。この花が実際に咲くのは4月から5月くらいにかけてです。また、白い部分(仏炎苞)はサトイモなどと同じく葉の変化したものなのですが、でも学術的なことはさておいてこれをひっくるめて「花」と呼んでしまっても差し支えないでしょう。

花の咲いていない時期の水芭蕉なら何度か見たことはあったのですが、これだけ沢山の水芭蕉が一斉に花開いている群落を目の当たりにしたのは今回が初めてでした。清楚で控えめな感じの花がとても素敵ですよね。


以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

PageTop

ある春の日の浜離宮

撮影日:2009/04/08
撮影地:浜離宮(東京都中央区)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


満開の頃、昼休みに浜離宮へいってきました。

の名所としてもしられている浜離宮ですが、都内の他の名所などとくらべ正直なところそんなにの木が多くあるわけではありません。やはり、海水を引き込んだ池を中心とした日本庭園の美しさと、、処々に咲くとの品の良いコラボレーションを楽しむというのが正解でしょうか。それに加え、最近では庭園の周りを取り囲む高層ビル群が、過去と現在とのアンバランスな風景の面白さを演出しています。

浜離宮には先に咲く染井吉野や山などの一重のものと、そのあと10日から15日ほどしてから満開の時期を迎える八重と、桜の花の咲き揃うさまをひと春に2度楽しめます。どちらの時期も夜はライトアップされます。
個人的には、八重桜のライトアップがオススメですね。

浜離宮八重桜ライトアップの記事
 ・夜の浜離宮
 ・特別企画・浜離宮の八重桜ライトアップ


以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

PageTop

【特別企画】井の頭恩賜公園の桜

撮影日:2009/04/05
撮影地:井の頭恩賜公園 七井橋より(東京都三鷹市)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


ひと月ちょっと前に「井の頭恩賜公園の桜を見てきました。」という記事を掲載したとき、「近日中にほかの写真も掲載する予定」などと言いつつひと月以上放置してしまいました(汗)
一応“お約束”ということでもありますので、久々の「特別企画」(なぜかが半数を占める?!)と銘打っての本日一挙公開です。

それでは、1ヶ月遅れの井の頭公園をどうぞお楽しみください。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

PageTop

赤坂アークヒルズの桜坂

撮影日:2009/04/07
撮影地:赤坂アークヒルズ(東京都港区)
別ウィンドウで写真を拡大(480×640ピクセル)


赤坂アークヒルズの横のスペイン坂は通称「桜坂」とよばれています。春を迎えると坂の両側に植えられたが一斉に花開き辺りを美しく彩るのです。
坂のは23時までライトアップされているため、高層ビルの立ち並ぶ大都会のただ中にあって一風変わった夜桜スポットとなるのです。

実は、この辺にはあまり縁のない私にとって、日が暮れてからこの付近を歩いたのはサントリーホールにコンサートを観にきたときくらいでしたので、アークヒルズにこんな夜桜スポットがあるなどということはもちろん知りませんでした。この日の昼、たまたま毛利庭園の夜桜を撮ろうとネットで周辺を検索していたところ、このような夜桜スポットがあると知ったのです。思えば便利な世の中になったものです。


以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

PageTop

六本木ヒルズと毛利庭園の夜桜

撮影日:2009/04/07
撮影地:毛利庭園(東京都港区)
別ウィンドウで写真を拡大(480×640ピクセル)


以前、「は日本の城郭建築と相性が良い」などと書いたことがあります(※記事はこちら)。しかしながら、一斉に咲き揃うの花は、案外、最新の意匠とでもいうべき現代建築とも相性が良かったりするのだということを、今回の写真を撮ってみて再認識させられました。

毛利庭園は旧長門長府藩主毛利氏の麻布上屋敷跡地で、現在は六本木ヒルズの一部に組み込まれています。の季節は23時までライトアップされ、東京の新名所の夜桜を楽しむことができます。


以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

PageTop

清瀧院枝垂桜のライトアップ

撮影日:2009/04/06
撮影地:清瀧院(千葉県流山市)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


流山の清瀧院にある枝垂桜。樹高およそ10メートル、幹囲1.5メートルの立派なもので、樹齢400年にもなるといいます。なによりも放射状に広がる枝振りが実に見事です。

寺の方のお話では、今年は彼岸の頃から半月もの間ちらちらと花が咲いては散ってしまい...というのを繰り返していたようで、いわゆる満開というのはなかったのだそうです。しかもこの日はライトの調子が悪く、ライトアップも少しの時間で切り上げとなってしまいました。また来年に期待したいですね。


以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

PageTop