1枚の写真

写真ブログ。気の向くままに撮った風景など...。

井の頭恩賜公園の桜を見てきました。

撮影日:2009/04/05
撮影地:井の頭恩賜公園 七井橋より(東京都三鷹市)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


3月20日の開花宣言から早くも半月経ってしまった東京でも、あちこちの花見スポットでついにの花(染井吉野)が見ごろを迎えるようになりました。

昨年は仕事帰りに夜を見に訪れた井の頭恩賜公園(記事はこちらこちら)ですが、今年はまだ明るいうちに行ってきました。
井の頭池の周りには250本ものが植えられていて(公園内総数はおよそ500本)、しかもそれらは水面に迫り出すように枝を伸ばしているのです。これらが咲くさまを池の中心に架かる七井橋や水上のボートから見るのは圧巻、本当に見事としか言いようがありません。

ところで、この近く出身の実家の母から聞いたところによると、いまではどれも立派な枝振りを披露しているこの井の頭公園の木々も、母がまだ若い時分にはどれも小振りなものばかりだったのだとか。井の頭公園がいつ植えられたものなのか私は正確には判りませんけれども、いまではこんなにも立派なもひと昔前にはやっぱり若々しい苗木みたいなものだったのですね。そう考えるとなんだか面白いものです。
そういえば、染井吉野は桜の中でも比較的寿命が短くて、なんでも平均60年ほどで傷んでしまうことが多いのだとか。稀に樹齢百年を超えるものもあるようですが、ここの桜もすでに60年くらいは経っているんじゃないでしょうか?

井の頭公園の桜、たくさん写真を撮ってきましたので近日中に一挙公開したいと思っています。どうぞお楽しみに。

※付記:「特別企画・井の頭恩賜公園の桜」を掲載しました。(09.05.10)


以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

PageTop