1枚の写真

写真ブログ。気の向くままに撮った風景など...。

六義園の枝垂桜 ライトアップ

撮影日:2009/03/30
撮影地:六義園(東京都文京区)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


本日の仕事帰りに、今年最初の花見に行ってきました!
今回の花見は、毎年都内では比較的早く咲く六義園枝垂桜ライトアップです。

この桜、内庭大門を潜ってすぐ前にある立派なもので、樹高13メートル、幹囲4メートル、枝張りは実に17メートルにもなるという枝垂桜の大木です。樹齢は約70年。薄紅色の花がまるで滝のように咲き揃い、夜これがライトアップされるさまはなかなか幻想的で見事なものです。


以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

PageTop

また桜の季節がやってきますね!

撮影日:2007/04/01
撮影地:隅田公園(東京都墨田区)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


20日、東京でもついにソメイヨシノ)の開花宣言が出されました。開花が早かった昨年よりもさらに2日ほど早く、平年より1週間以上早い開花でした。

ところで昨年は、夜の美しさに心奪われ、また一本の素晴らしさに魅せられたこの季節。今年は果たしてどんなと出会うことができるのでしょう。いまから楽しみです。
また、これを機に更新が滞りがちな最近の当ブログも活性化できると良いのですが...(笑)


以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

PageTop

鳥居とステンドグラス~尾山神社 神門

撮影日:2009/02/15
撮影地:尾山神社 神門(石川県金沢市)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


鳥居ステンドグラス...一見まったく関連性がないような異なるそれらの建築要素が融合した不思議な風景があります。尾山神社神門です。

尾山神社は金沢の中心地金沢城のすぐそばにあり、江戸時代を通じて「加賀百万石」と呼ばれ大いに栄えた加賀藩の藩祖前田利家が主祭神として祀られています。
神社の表入口の鳥居を潜るとすぐ石段で、その上にはおよそ神社に似つかわしくない神門が聳えます。この神門はオランダ人ホルトマンの設計によるもので、長谷川準也・大塚志良の兄弟により1874年(明治7年)8月に計画され、津田吉之助によって建てられたとのこと。国の重要文化財に指定されています。
神門は三層構造となっており、最上部にはなんとステンドグラスが嵌められています。避雷針までが設置されたこの洋風の建物も、その一階部分はどこか竜宮城風情のある石積みでちょっと中国風建築っぽい感じでもあり、しかもそこには羽ばたく鶴などが描かれた欄間が設けられていたりするのです。
一風変わった和洋中折衷のどこか不思議な建物。金沢城址や兼六園、武家屋敷跡などとくらべるとまだまだ訪れる人も多くはないところではありますが、金沢訪問の際には行き先のひとつとしてぜひ加えてみてはいかがでしょうか?



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

PageTop