1枚の写真

写真ブログ。気の向くままに撮った風景など...。

白川郷再訪

撮影日:2009/02/14
撮影地:白川郷(岐阜県大野郡白川村)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


1年ぶりに雪の白川郷を訪れました...のはずが、雪がないっ!(汗)

今年も雪がこんもりと積もった合掌造りライトアップされるのを期待していたのですが、行く前からなんとなく今年は雪が少ないとの情報が...。まあ、こればかりは仕方がないですね。
屋根まで雪にすっぽりと覆われた白川郷ライトアップは、昨年撮った以下の写真でお楽しみください(笑)
※特別企画:雪の白川郷ライトアップ

まだ明るいうちに到着しましたので、街の中をひと回りしてから荻町城跡へと向かいました。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

PageTop

花の写真

撮影日:2009/01/24
撮影地:千倉(千葉県南房総市)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


本日の写真は、南房総千倉畑で撮った蛇の目菊ベニジウム/Venidium)です。オレンジ色の弁との中心の黒い蛇の目とのコントラストがとても美しいでした。

さて、毎度のことながら花の写真はとても苦手なNewmanです。特にある程度大きなのこのような接写というのは、どこにピントを合わせたら良いのかといつも悩みます。今回もオレンジの花、白い花含めこの蛇の目菊を3枚ほど接写してみたのですが、それらは三者三様、写り方も、構図も、そして写真のもつ雰囲気もバラバラでした。
写真撮影の入門書を読んでみると「花を接写するときには蕊の部分にピントを合わせると良い」などと書かれてあるのを目にします。実際、2年ほど前に京都で桜の写真を撮りまくったときは私もそのように心掛けてみました。たしかにそうすれば失敗が少ないというのも事実なのですが、ただそうやって撮影してみるとなんだか撮れた写真がどれも植物図鑑みたいになってしまうんですよね(笑)
今回掲載した写真は、花の一番手前にピントをもってきて、逆に中心をぼかしてみたもの。普段写実的な(というか、“カチッ”とした)作品の多い私にしては珍しい撮り方なのですが、あとでPCで確認してみたところ「ちょっといい味だしていて、なかなか叙情的に撮れてるかも...」なんて思ってしまいました。

それにしても、花の写真って本当に難しいものですね。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

PageTop

南房総は、もう花の季節真っ盛りです

撮影日:2009/01/24
撮影地:千倉(千葉県南房総市)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


南房総は、もうの季節真っ盛りです。

南房総市の千倉あたりは、その温暖な気候を生かして昔からの栽培が盛んです。新年を迎える頃には栽培農家の畑には、ストック、ポピー、キンセンカなど色とりどりの々が一斉に咲き揃い、ひと足もふた足も早い春の訪れを感じることができます。
また、ここでを楽しむ以外にもちろんお好みのを自ら摘んで持ち帰ることもできます。価格もとても割安ですし、完全に開いてしまう前の花を持って帰れば家で2週間ほど楽しむ事もできるそう。

最近はバスツアーなどでここを訪れる方も多いとか。花の季節は毎年1月から3月まで。花好きの方には、特にオススメですよ。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

PageTop