1枚の写真

写真ブログ。気の向くままに撮った風景など...。

西穂高口駅より その2-焼岳、乗鞍岳など

撮影日:2008/10/18
撮影地:西穂高口駅より、焼岳方面を望む(岐阜県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)



前回に引き続き、新穂高ロープウェイ西穂高口駅の展望台からの眺めです。

南の方角に見えるお椀を伏せたようなボテっとした山は焼岳(北峰2,444メートル、南峰2,455メートル)。北アルプス唯一の活火山で、この辺り一帯に温泉が多いのはこの山の恩恵に預かるところが大きいのではないかと思います。
昨年9月この焼岳に登りましたが、北峰山頂直下は硫黄の臭いがたちこめており、実際にガスが噴き出しているそのすぐ下を歩いたりもしました。現在もなお活発な火山活動を続ける姿を目の当たりにして、改めて自然のダイナミックさに触れた思いでした。(※記事はこちら

一方、焼岳の奥で中心部を隠されてしまいながらもその端が見えている巨大な山塊は乗鞍岳です。穂高と並び称される北アルプスきっての高峰ですが、険しく厳しい穂高連峰の山々とは対照的に、乗鞍の峰々の姿はどこまでも伸びやかで優しく、そして穏やかなものです。
私はまだ乗鞍岳の頂上(最高峰は剣ヶ峰、3,026メートル)に立ったことはありませんが、マイカー規制が開始されるより以前に畳平まで車で行ってみたことがあります。3,000メートル級の高山(畳平は標高2,700メートル。実に富士山の五合目より高い!)に気軽にアクセスできてしまう手軽さも案外この山の魅力のひとつなのかもしれません。もっとも、現在はマイカーでのアクセスは制限されてはいますが...。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ


PageTop