1枚の写真

写真ブログ。気の向くままに撮った風景など...。

富士登山ふたたび、御来光ふたたび

撮影日:2008/08/03
撮影地:富士登山 剣ヶ峰からの御来光(静岡県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


世の中にはもの好きがいるもので、ひと夏に二度も富士山の頂で御来光を拝んでしまう奴などがいたりするのです...。

今年一度目の富士登山から2週間後、今度は3名の同志を引き連れてまたしても富士山に登ってきました。
前回と同じく今回も河口湖口・吉田口登山道から登り、途中の八合目元祖室からは水平道に逸れて予約していた須走口登山道の江戸屋さん(下江戸屋)に一泊しました。
仮眠をとってから、同行者の「せっかくだから山頂で御来光を仰ぎたい」との希望もあって、またもや御来光登山することとなりました。前回はかなりギリギリだったということもあり、「日の出までに山頂に着けるのだろうか?」とヤキモキするのもいやだったので、今回は余裕をもって深夜零時半ころに八合目江戸屋を発つことにしたのでした。ところが(混んでいたとはいいながら)予想外にも夜間登山の列は順調に進んでしまい、なななんと2時50分くらいには吉田口・須走口山頂に到着してしまったのでした。御来光まで、あと2時間...(爆)
歩いているとさほど寒いとも感じなかったのに、山頂に到着してからじっとしていると結構寒さが感じられてくるようになりました。私はハンガリースワンのダウンジャケットを着込んでいたのでまだ良かったのですが(備えあらば...ですね!)、防寒着がわりに雨具で間に合わせていた同行者のひとりはとてもとても寒かったらしく、とうとう私の雨具(ゴアテックス仕様)を更に上から羽織り、そのうえ私の手袋(それまでしていた軍手では手が冷たくて仕方がなかったらしい...)までも身につけずにはいられないようになってしまいました。
そんなこんなで、少しでも風を凌げる御鉢の内側(大内院ではなく、久須志岳と白山岳との鞍部から下ったところ。金明水のある辺り)まで歩いていって、斜面を背にして小一時間うずくまっていたりしました。
それからは最高峰剣ヶ峰に向けて出発、そこで御来光を待つことにしたのでした。

本日の写真は、そんな剣ヶ峰で迎えた御来光。御鉢を挟んで向こうに聳える外輪山は大日岳(以前触れたことのある御来光スポットです ※記事はこちらこちら)と伊豆ヶ岳、別名阿弥陀ヶ岳。つまりは、大日如来と阿弥陀如来との間から昇る御天道様を日本一の高所から眺めたところという、とてもとても有り難~い風景なのです(笑)



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

PageTop