1枚の写真

写真ブログ。気の向くままに撮った風景など...。

御殿場口山頂と富士宮口山頂

撮影日:2008/07/20
撮影地:富士登山 御殿場口山頂、富士宮口山頂付近(静岡県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


御鉢巡りを追加3分の1ほど歩いて、富士宮口山頂までやってきました。

本日の写真は、御殿場口山頂の少し手前で撮影したもの。あまりこの地点からの写真はガイドブックその他に掲載されていることがないようですので選んでみました。
手前の道を下ったところが御殿場口山頂で、頂上銀明館という山小屋の屋根が見えますがこちらは現在は休業中のようです。銀明館左の鳥居の先に黄色いロープが張られていますが、そこから御殿場口登下山道が始まります(ちょうど黄色い雨具の方が鳥居を潜って下山しようとしているところです)。七合目から上は登下山道共通です。
写真左端の駒ヶ岳を迂回するように右へぐるっと回っていくと富士宮口登山道山頂です。ここには浅間大社奥宮があり、その裏手(写真右側)には浅間ヶ岳(大日岳)が聳えます。
更にその向こう、左に見える高みは三島岳(文殊ヶ岳)でその奥右に見えるのが最高峰剣ヶ峰となります。

富士宮口山頂で浅間大社奥宮富士山頂郵便局とに立ち寄ったあと、富士宮登山道(登下山道共通)から下山しました。そのときの様子は、機会があればまた...。
(※富士宮口登山道の様子はこちら以降の記事をどうぞ。また、御殿場口登山道七合目辺りまでについてはこちら



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

PageTop

ふたたび大内院越しに剣ヶ峰を望む

撮影日:2008/07/20
撮影地:富士登山 大内院越しに剣ヶ峰を望む(静岡県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


この日実はどこから下山するのかも決めていなかった私は、御鉢を一周したあととりあえず富士宮口山頂まで行くことにしました。先ほどそこを通ったときは、ご来光に合わせて登ってきた人々で相当混雑していて浅間大社奥宮で金剛杖の刻印をいただくこともできなかったからです。

吉田口、須走口登山道山頂付近から再度御鉢大内院)越しに最高峰剣ヶ峰を望みました。この位置からは虎岩が大内院側に張り出しているのもよく見えます。先ほどはモルゲンロート(朝焼け)に染まっていた剣ヶ峰もすっかりもとの色に落ち着いてきました。つい先ほどはあの峰からこちら側を眺めていたのかと思うと、ちょっと不思議な感じです。

ともあれ、一路富士宮口山頂に向け先ほどと同じ道を進むことにしました。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

PageTop

さらに御鉢巡りは続く

撮影日:2008/07/20
撮影地:富士登山 剣ヶ峰を下り西安河原へ(静岡県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


剣ヶ峰を下ったあとも、さらに御鉢巡りは続きます。

剣ヶ峰下の緩やかなスロープの道を下ると、西安河原と呼ばれる広めの場所に出ます。この日、私はそこに腰掛けて簡単な朝食をとりました。
西安河原を出発するとじきにまた道は登り坂となります。そして小ピークを越える辺りからは、富士山の内側、外側ともによく見渡すことができます。その先で今度は大きく下り始め、向かって左には小内院と呼ばれるもうひとつの噴火口跡を眺めながらさらに先へと進んでいきます。小内院の向こうには富士山第二のピーク(3,757メートル)である白山岳(釈迦ヶ岳)が聳えますが、この白山岳山頂への道は危険とのことで現在は閉鎖されています。
ところで白山岳の左側斜面が直角に切れ落ちたようになっているのが写真からも判るかと思いますが、この部分には「釈迦の割石」という風流な名前がつけられていて、富士山頂風景の名物のひとつとされています。
やがて緩やかなスロープ状の道を登っていくと、白山岳とその先の久須志岳(薬師ヶ岳)との鞍部に辿り着きます。久須志岳はゆったりとした広場のような場所で、そこをこれまた緩やかに下っていったところが久須志神社とその先に4件の山小屋とが並ぶ吉田口、須走口山頂です。この場所から始めた御鉢巡りはここに至って遂に終わりを迎えたのでした。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

PageTop

御鉢巡り

撮影日:2008/07/20
撮影地:富士登山 剣ヶ峰より大内院 正面に見えるのは大日岳(朝日岳・左)と伊豆ヶ岳(阿弥陀岳・右)(静岡県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


剣ヶ峰からみた御鉢です。逆光のためもあって写りはちょっといまいちなのですが、やっぱり剣ヶ峰まで行ったのならこの眺めは外せないかなとも思いまして...。

大内院のことを通常は「御鉢」と呼びならわしていますが、これには元々仏教的な由来があります。
富士山の頂上には直径600メートル、深さ220メートルにも及ぶ噴火口(大内院)がポッカリと口を開けていますが、これを取り囲むように八つとも九つともいわれる外輪山があって八峰などと称されました。仏教信仰が盛んであった江戸時代以前の富士山信仰においてはこれらを極楽の蓮の八枚の花弁に譬えてそれぞれに仏の名を冠したのです。釈迦、薬師、大日、阿弥陀、勢至、文殊...といった具合に。そして、これらを順に巡ってお参りすることを「八葉巡り」、あるいは「御八巡り」と言ったのを、大内院の形が擂り鉢に似ていることに掛けて次第に「御鉢巡り」と書き表わされるようになったのだとか。

昔ほど宗教的意義が強くはなくなった現在でも富士山大内院を一周する御鉢巡りは盛んで、多くの人々がこの富士山頂一周を思い思いに楽しんでいるようです。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

PageTop

剣ヶ峰より

撮影日:2008/07/20
撮影地:富士登山 剣ヶ峰より富士宮口山頂とその向こうに広がる雲海を望む(静岡県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


馬ノ背の急登を制覇すると富士山の最高峰剣ヶ峰の真下に辿り着きます。そこから階段を上ったところ、そこが富士山の...ひいては日本国内の最高所となる標高3,775.6メートルの二等三角点が置かれた剣ヶ峰山頂です。

本日の1枚は、皆さんに「御鉢巡りをしてきて、そして遂に富士山の最高峰へと辿り着いたのだ!」という、そんな気分を味わっていただこうと、浅間大社奥宮のある富士宮口山頂から剣ヶ峰までの道すがらを振り返ってみた、そんな写真です。
どうです?目が眩みそうな高さじゃありませんか?(笑)

蛇足ながらも、解説を加えてみますと...。
写真の一番左に見えるなだらかな峰は成就ヶ岳(せいしがたけ または じょうじゅがたけ)、その昔は勢至菩薩の名をとって勢至ヶ岳と書き表わされていました。御鉢巡りではこの峰の東側(外側)を巻くように歩きます。
そこから東安河原(別名 賽ノ河原)を経て、一段低くなったところが御殿場口山頂(別名 銚子口)です。ここには霊泉銀明水があります。
御殿場口山頂の手前の大きな建物が見えるところが富士宮口山頂で、そのすぐ奥にあって御殿場口山頂と富士宮口山頂とを隔てている小高い丘が、前々回に紹介した駒ヶ岳です。
上述の大きな屋根の建物は、富士宮口山頂ただひとつの山小屋となる頂上富士館で、もちろん宿泊もできますし、頂上ならではの土産物を買ったり、食事したりもできます。
頂上富士館の左に見えているのが、浅間大社奥宮と富士山頂郵便局。浅間大社奥宮については以前このブログで紹介しました(記事はこちら)。 浅間大社奥宮の裏手(大内院側)には、写真ではちょっと判りにくいのですが鳥居の立つ丘があります。駒ヶ岳とともにちょうど富士宮口山頂を挟むような格好です。これが浅間ヶ岳、またの名を大日岳といいます(御来光スポットの大日岳とは別もの)。
富士宮口山頂を過ぎると大内院側は広々とした平らな土地になっており、ここに以前紹介した鰶池(このしろいけ)が姿を現すのですが(記事はこちら)、この日池は跡形もありませんでした。
そして道は高く聳えるかつては文殊ヶ岳と呼ばれた三島岳の北面の裾を巻きます。ちょうど反対側には大内院に突き出た奇岩、虎岩が見えます。吉田口、須走口山頂側から眺めると「蹲る虎のごとし」と言われる富士山頂の名所のひとつです。
そこを通り過ぎるとやがて傾斜は急となり...そう、そこからが馬ノ背なのです。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

PageTop

馬ノ背

撮影日:2008/07/20
撮影地:富士登山 剣ヶ峰 馬ノ背(静岡県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


剣ヶ峰へと登る急斜面、馬ノ背。傾斜角30度前後と坂が急なのもさることながら、砂礫に足をとられやすくとても登りづらい御鉢巡りの難所とされるところです。

大内院を一周する御鉢巡りは、古くからの慣例では時計回りですることとなっています。その理由のひとつと言われているものに、「この剣ヶ峰馬ノ背の急斜面を下ることがないように」というのがあるそうです。確かに昔の人々には、近代的な登山装備のごとき厚底の登山靴も軽くてしかも丈夫な素材を使った服などもなかったわけですから、この急な斜面を逆に下っていこうなどというような少しでも危険なことは極力避けようという配慮が当時の人々の富士登山における知恵の現われだったのでしょう。
ちなみに、2週間後にまたここを訪れた私は御鉢を時計と逆回りに巡りました。そして、この馬ノ背を下りてくる同行者の写真を正面から撮影したいがために彼らよりひと足先にこの急斜面をダッシュで駆け下りたのでした(笑)

なにはともあれ、ここを登りきってしまえば富士山の最高峰(=日本国内の最高地点)はもうすぐそこです。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

PageTop

駒ヶ岳

撮影日:2008/07/20
撮影地:富士登山 駒ヶ岳山頂(静岡県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


富士宮口登山道山頂向かって右手(東側)に位置する小高い丘、駒ヶ岳富士山の外輪山にしては珍しく最高峰剣ヶ峰とともに当初から仏教とは関係のない名がつけられた富士山頂の峰のひとつです。

駒ヶ岳という名の由来については、何回か前の記事においても紹介したのですが(※「八合目」参照のこと)、はるか昔の飛鳥時代に甲斐の黒駒に乗った聖徳太子が富士山を駆け上っていったという伝説があり、山頂に着いた太子がひと休みした場所というのがほかならぬこの駒ヶ岳なのだとか。
もっとも、全国各地に数多くの伝説を残す聖徳太子のことですから、この話も単なる言い伝えに過ぎないのでしょう。にもかかかわらず、古代皇室の超有名人で同時に仏教を広めることに深く関わった太子の話がこの場所に残っているというのは、ある意味とても興味深いことでもあります。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

PageTop

大日岳

撮影日:2008/07/20
撮影地:富士登山 御来光を迎える頃の大日岳山頂(静岡県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


富士山頂の外輪山のひとつ、大日岳。かつて富士山の外輪山の多くには、薬師ヶ岳、阿弥陀岳、勢至ヶ岳、文殊ヶ岳、釈迦ヶ岳といった具合に仏教色の強い名前がつけられていました。しかしながらその大半は明治維新以後の神仏分離政策のもとで改称されてしまいました。これを免れていた大日岳もその後に朝日岳と改称されたのですが、現在ではもとの大日岳の名が定着しています。

さて、大日岳といえば別名の‘朝日岳’の名が示すようになんといっても「御来光ポイント」というイメージが強いのですが、実はそれ以外にいかにも宗教的な面をもあわせもっているのです。
というのも、この場所にはもともと大内院に賽銭を投じる初穂打場としての役割があったからなのです。恐らくは富士講という江戸の昔から現代にまで続く富士山の山岳信仰において、この場所では多くの信者たちが自己と家族とその他さまざまな人々の幸せを願いながら初穂を投じたことなのでしょう。
そして、現在この場に建つふたつの鳥居には無数のコインが無造作に埋め込まれているのを我々は目にすることができるのです。古からの信仰が現代になお受け継がれているのを改めて認識させられるがごとくに...。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

PageTop

富士山三種の神器 その3-鏡とは?

撮影日:2008/07/20
撮影地:富士登山 剣ヶ峰の展望台より(静岡県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


富士山三種の神器のみっつ目、鏡とは一体何なのでしょう?
昔からいわれているのは、山頂周囲から標高差200メートルほどの大内院富士山の大噴火口)に下りていってその中心から見上げたさまがそれなのだというものです。つまり外輪山を含む周囲の部分が鏡の縁のように円形を描き、その円に囲まれた頭上にある真っ青な空が鏡の表面のように見えるのだというのです。
しかしながら、現在では危険だということもあって一般の登山者が大内院に降りることは禁止されてしまっています。現在の私たちにとっては昔の人たちが眺めたその景色を、以前紹介したカシミール等のソフトによって作成したCGなどをもとに窺い知るくらいしかできそうにないのです。

もうひとつ鏡と呼べそうなものがあります。影富士...富士山それ自体の姿が雲海などに投影されてできる影のことです。富士山自身の姿が映し出される現象。朝夕の時間帯限定のものではありますが、やはり鏡になぞらえるに相応しいものではないかと思います。

以前、夕刻の須走口登山道新五合目からみえた影富士をご紹介しましたが(※記事はこちら)、今回は富士山の最高峰剣ヶ峰にある展望台からみた朝の影富士です。大日岳で御来光を拝んでから時計回りに御鉢巡りをして大内院を挟んでちょうど反対側にある剣ヶ峰にやってきました。馬ノ背の急登を登っているときに富士山の斜面からこの影富士が顔を覗かせていたのですが、剣ヶ峰に登り測候所わきの展望台からあらためて全体を見てみると、とても綺麗な形をしていました。雲海が真っ平に広がっているので、まさに富士山の影が鏡に映し出されているかのように見えたのでした。
このあと、御鉢巡りを続けてこの先の白山岳方面へと向かう途中の小ピークから再度影富士を眺めたときには、その形はだいぶ崩れてしまっていました。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

PageTop

宝永火口を見下ろしながら

撮影日:2008/07/20
撮影地:富士登山 眼下に宝永火口を望む(静岡県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


太陽が昇る姿を見届けたあと、一路御鉢巡りに出発しました。

大日岳を発ってしばらくすると、左方向眼下に宝永山宝永火口とが見えてきました。富士山最後の噴火のあとです。2年前に御殿場登山道を下山する間ずっと見えていたのと同じ、丘のように盛り上がった三角形がくっきりと周囲から浮き上がって見えとても印象的でした。馬ノ背と呼ばれる尾根に位置する部分や大砂走り下山道などもハッキリと認められます。
遠くまで棚引く雲の重なりもいまだ曙光に照らされ赤みを帯びていて、御殿場登山道上部の赤茶けた山肌とともに美しく輝いて見えました。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

PageTop

富士山三種の神器 その2-剣~剣ヶ峰

撮影日:2008/07/20
撮影地:富士登山 大日岳よりモルゲンロートに染まる剣ヶ峰を望む(山梨県、静岡県)
別ウィンドウで写真を拡大(480×640ピクセル)


御来光を迎えあたりが一気に明るくなってきたころ、御鉢(富士山の噴火口、大内院)を挟んで反対側には富士山の最高峰剣ヶ峰(3,775.6メートル)が朝の光を浴びて赤く色づいて見えました。
そう、富士登山で出会うことのできる三種の神器のふたつ目は、草薙剣ならぬこの剣ヶ峰です。

大日岳をはじめ河口湖口、吉田口、須走口山頂付近からは、この剣ヶ峰をとても綺麗に見ることができます。山頂部の峰頭の中でも突出するその高み。それを挟んで右側は親子知らずの嶮と呼ばれる痩せた岩峰で、左側は一見なだらかな(しかし、実は御鉢巡りする人泣かせの急登)馬ノ背といわれる斜面です。そして、大内院側には今年は例年以上に雪が多かったとのことで、いまだ雪が多く残っているのが認められました。
この剣ヶ峰は、富士山三種の神器に相応しい山上景観のひとつなのです。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

PageTop

大日岳からの御来光

撮影日:2008/07/20
撮影地:富士登山 大日岳からの御来光(山梨県、静岡県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


御来光登山の途上「日の出までに間に合わないんじゃないか」と心配していたのですが、20分前にはなんとか河口湖口吉田口須走口登山道の山頂となる久須志神社前に到着できました。
その足で、山小屋が立ち並ぶ賑やかな須走口山頂を通り過ぎて外輪山のひとつ大日岳へと向かいました。

大日岳は別名朝日岳とも呼ばれ、その名の通り御来光の展望台として屈指のスポットです。
御来光バスツアーで登ってきた非常に多くの人たちは、日が昇りきったあとそのまま河口湖口吉田口須走口下山道へと向かうため山小屋が並ぶ付近から御来光を眺めることが多いようです。ですから、あれほど沢山の人たちが登山道を埋め尽くしていたのにもかかわらず、その割にはこの小高くて広々とした大日岳の上は勿体ないくらいに人が少ないように感じました。

大日岳の鳥居が建つ山頂付近に腰をおろし、雲海の向こうに昇る御来光を眺めました。雲の合間から日が射しはじめるとあたりが一気にぱっと明るくなってきました。そして太陽の暖かさが冷えた顔面に感じられ...。本当に短い時間の出来事でしたが、そうそう体験することのできない良い思い出となりました。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

PageTop

御来光登山

撮影日:2008/07/20
撮影地:富士登山 河口湖口吉田口須走口登山道八合五勺付近(山梨県、静岡県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


胸突江戸屋(本江戸屋)でしばし休んでから(とはいいながらも、毎度のごとく今回もほとんど眠れませんでしたが...)、深夜1時半頃に小屋を出発しました。富士山特有といってもよい御来光登山のスタートです。

この御来光登山富士登山では当たり前の夜間登山なのですがほかの山ではほとんど見かけることがありません。通常夜の山道は危険で滅多なことがない限りは歩き回るようなことはないからです。やはり、この御来光登山は、登山道がとてもよく整備されていて、夜間も多くの山小屋が開いている富士山ならではのことなのかもしれませんね。

ところで、バスツアーの多くは八合目の山小屋に宿をとるようですが、少し時間に余裕をもって23時くらいから八合目を出発し始めるようです。それ以外にも17時から20時くらいの間に五合目を出発した夜間登山専門(?)の人たちも、だいたい0時から2時くらいの間には本八合目や八合五勺あたりまで登ってきているようです。
もうお判りかと思いますが、この時間帯はヘッドランプをつけて、雨具などで防寒対策をしたものすごい数の人たちで夜の登山道がごった返すのです。ツアーの先導者(登山ガイドなど)が声を張り上げていたりしていて結構賑やかです。
でも、夜道の登山道を多くの人たちが登っていくのですから、足取りはとてもゆっくりです。狭い登山道は人で一杯で追い越すこともできません。このとき、本八合目から八合五勺の御来光館まで進むだけで、実に40分近くかかってしまいました。まさに行列登山。のろのろと少しずつしか進まないので、おかげで胸突八丁などといわれているほど辛いはずの登りが、まったく辛くは感じませんでした(笑)
頂上に近づき始めた頃、それでもなかなか思うように前には進まず、東の空は次第に白んできて...このまま頂上につく前に日が昇ってしまうのではないかと、かなり焦りました。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

PageTop

本八合目、八合五勺にて

撮影日:2008/07/19
撮影地:富士登山 河口湖口吉田口須走口登山道本八合目付近の下山道より(山梨県、静岡県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


本八合目。ここで河口湖口吉田口登山道須走口登山道と合流します。
ここには、河口湖口吉田口登山道の山小屋となる富士山ホテルと八合目トモエ館、それから須走口登山道の山小屋となる胸突江戸屋(本江戸屋、上江戸屋)が建ちます。

実は、今回は下見ということもあって山小屋の予約などまったくしていませんでした。昨年(2007年)から河口湖口吉田口登山道の山小屋は全予約制になったのですが、この日は富士スバルラインのマイカー規制の合間の土曜日だということもありどこも山小屋は予約で満室のようでした。この本八合目までやってきて時間も17時近くなってきたので、ためしに胸突江戸屋さんで空きがあるかどうかを訊いてみたところ、たまたま1人分だけ寝床の空きがでたところだったとのこと。ご来光にはまだ早すぎるしここらで休んでおくか...ということで、こちらにお世話になることにしました。
18時、夕食に定番のカレー(※写真はこちら)をいただいて、少し休んでからでもまだ外が明るかったので、このひとつ上の八合五勺に建つ御来光館のあたりまで散歩することにしました。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

PageTop