1枚の写真

写真ブログ。気の向くままに撮った風景など...。

くまんばちの飛行

撮影日:2008/05/16
撮影地:台場(東京都港区)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


だいぶ暖かくなってきたからでしょうか、一匹の熊蜂クマバチ)が花の周りを飛んで花粉集めに勤しんでいました。

熊蜂は、その丸っこくて大きな体と小さな翅とが対照的で見た目どこかユーモラスな感じがします。
この熊蜂が花の周囲を飛び回っている間ずっと近くに寄ってカメラを構えてシャッター・チャンスを狙っていたのですが、こちらが近づくとあちらは遠ざかっていくといった具合でした。飛んでいる虫を撮るのって、相手が小さいだけになかなかタイミングが難しいものですね。

ところで、ロシア国民楽派の作曲家リムスキー・コルサコフの作品に『くまんばちの飛行(Полет шмеля)』というのがあります。蜂が飛ぶときの羽音を表現したとても面白い曲です。この作品名で「くまんばち」と訳されているのは、実際には熊蜂クマバチ)と近い別種のマルハナバチ(露:шмеля / 英:bumblebee)のことなのです。
一方、「くまんばち」というのはクマバチの別名であるのと同時に、スズメバチの俗称でもあるのです。花の蜜や花粉を求めて飛び回る温厚なこのクマバチと、肉食で獰猛なスズメバチとでは、見た目も習性もまったく異なるのですが、どうもこの「くまんばち」という異名のためにクマバチはあらぬ誤解を受けているような気がします。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

PageTop