1枚の写真

写真ブログ。気の向くままに撮った風景など...。

悪城の壁

撮影日:2006/05/21
撮影地:悪城の壁(富山県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


悪城の壁。なにやらスゴイ名前ですが...(笑)

悪城の壁称名滝より少し下流にあり、最大高低差500メートルの絶壁は一枚岩としては日本一のものとなります。
ちなみに、この上には立山アルペンルートのバス道路が通っています。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

PageTop

昼前の称名滝

撮影日:2006/05/21
撮影地:称名滝(富山県)
別ウィンドウで写真を拡大(480×640ピクセル)


直近で良さそうなネタがなくなってきたので、今日の写真は在庫から(笑)
前にも幾度か掲載していますが、ちょうどいまくらいの季節に撮ったということで、今回は称名滝の写真です。

立山アルペンルートの終点立山より称名川を遡ったところにある、日本で最大の落差(350メートル)を誇る称名滝(左側)。それとともに雪解けのこの時期にだけ出現する右のハンノキ滝は、落差500メートルに達し称名滝を凌ぐ名実ともに日本一の滝で、これらふたつの滝が同じ滝壷へと落ちるさまは壮観です。
この写真は昼前の11時過ぎに撮影したもの。午前中は逆光で大量の水煙が光に照らされて少々見づらいのが難点なのですが、それも次第に陽が高くなってくるとともにだいぶ気にはならなくなってきます。
通常ガイドブックなどに載っていて我々がよく目にするものの多くは午後になってから撮影したもののようです。時間が経って陽も傾きだすと、以前掲載した写真のように虹が架かってきたりします。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

PageTop

見慣れたビル3本

撮影日:2008/05/16
撮影地:汐留ビル街(東京都港区)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


毎日のように見ている汐留のビル。
本日は、最近お洒落なオフィスビル街と評判の汐留の高層ビル3本の競演写真です。電通本社ビル資生堂ビル、そして汐留シティセンタービル。こんなのを魚眼で撮ったら面白そうですね。

なかでも、汐留シティセンタービルは結構気に入っています。一面緑色っぽいガラス張りでかなり目を引く(惹く)ところ、なんとなく近未来風(?)な曲線を描く複雑で独特なフォルム、にもかかわらず旧新橋停車場再現駅舎の真ん前にあってそれでもなぜか違和感を感じさせないところ、それに新橋駅からずっと雨に濡れることなく歩けて地下通路経由のショートカットになるところも(笑)



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

PageTop

切っ先

撮影日:2008/05/16
撮影地:汐留 電通本社ビル(東京都港区)
別ウィンドウで写真を拡大(480×640ピクセル)


いつも見慣れた電通本社ビル

でも、反対側に当たるゆりかもめの汐留駅の方から歩いてくるとこんな形に見えるのです。まるで鋭い日本刀の切っ先が天を指しているかのように見えませんか?



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

PageTop

昔といまと~台場跡とレインボーブリッジ

撮影日:2008/05/16
撮影地:台場 デックス東京ビーチより第三、第六台場レインボーブリッジを望む(東京都港区)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


昔といまとが同居する、そんな眺め。東京都港区台場付近。

嘉永6年(1853年)のペリー来航によって脅威を感じた江戸幕府は、江戸防衛のため江戸湾内に次々と洋式の海上砲台を建設しました。品川台場です。
現在は、埋立地と繋がった台場公園として気軽にアクセス可能な第三台場と、その西に浮かぶ第六台場とが江戸幕末の遺構としてその姿をとどめています。

近年、お台場周辺は東京臨海副都心の一部として大発展してきました。ひと昔前とはくらべものにならないほどに、アミューズメント施設の多いお洒落な街として大きく変貌を遂げているのです。
平成5年(1993年)には、レインボーブリッジが完成し、首都高速道路により都心とお台場とが直結しました。また、平成7年(1995年)には新交通システムゆりかもめがこのレインボーブリッジを通って開通し、わが国の鉄道史の出発点である新橋からもお台場へと手軽にアクセスできるようになったのです。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

PageTop

くまんばちの飛行

撮影日:2008/05/16
撮影地:台場(東京都港区)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


だいぶ暖かくなってきたからでしょうか、一匹の熊蜂クマバチ)が花の周りを飛んで花粉集めに勤しんでいました。

熊蜂は、その丸っこくて大きな体と小さな翅とが対照的で見た目どこかユーモラスな感じがします。
この熊蜂が花の周囲を飛び回っている間ずっと近くに寄ってカメラを構えてシャッター・チャンスを狙っていたのですが、こちらが近づくとあちらは遠ざかっていくといった具合でした。飛んでいる虫を撮るのって、相手が小さいだけになかなかタイミングが難しいものですね。

ところで、ロシア国民楽派の作曲家リムスキー・コルサコフの作品に『くまんばちの飛行(Полет шмеля)』というのがあります。蜂が飛ぶときの羽音を表現したとても面白い曲です。この作品名で「くまんばち」と訳されているのは、実際には熊蜂クマバチ)と近い別種のマルハナバチ(露:шмеля / 英:bumblebee)のことなのです。
一方、「くまんばち」というのはクマバチの別名であるのと同時に、スズメバチの俗称でもあるのです。花の蜜や花粉を求めて飛び回る温厚なこのクマバチと、肉食で獰猛なスズメバチとでは、見た目も習性もまったく異なるのですが、どうもこの「くまんばち」という異名のためにクマバチはあらぬ誤解を受けているような気がします。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

PageTop

お台場といえば...

撮影日:2008/05/16
撮影地:台場 フジテレビ本社ビル(東京都港区)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


午前中、仕事でお台場に行ってきました。
でも、当初の用向きはキャンセルとなってしまい、些か中途半端ではありましたが別の対応をして1時間ほどで引き上げてきました。
早めの昼食をとってから、せっかく天気も良くなってきたのでこの付近をちょっくらぶらぶらすることに。

隣りの隣りのビル(とはいえ、実はちょっと離れてますが)は、お台場といったら...のフジテレビ本社。で、記念撮影している修学旅行生たち(?)に混じって、こんな写真を撮ってみました(笑)

ところで、首都圏以外にお住まいでお台場フジテレビ本社と聞いてもピンとこない方、ローカルなネタでゴメンナサイ!



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

PageTop

上高地から望む焼岳

撮影日:2006/05/06
撮影地:上高地 梓川の流れの向こうに焼岳を望む(長野県松本市)
別ウィンドウで写真を拡大(480×640ピクセル)


周りを山に囲まれた上高地。そこから見える山々はもちろん数多くあるのですが、なかでもその眺めが素晴らしいのは、主峰奥穂高岳を中心に聳える穂高連峰の峰々の連なりと、本日の写真の焼岳です。
上高地から見た焼岳はまるでお椀を伏せたような形をしていて、そのどっしりとした山容は安定感があってとても目につきやすく、周りに高い山もないことからひと目見てそれとわかります。

焼岳はいまでも火山活動が盛んな山で、その最高峰となる南峰(2,455メートル)はいまだ危険地帯として立ち入りが叶わない状況です。
また、大正4年(1915年)の大噴火により梓川が堰き止められて大正池が誕生したのも有名な話ですね。

去年の9月下旬私は縦走スタイルでこの焼岳にも登ってきましたが、上高地からの往復ならば日帰り登山も十分に可能ですので、興味のある方はぜひ上高地観光とセットで登ってみてください。途中で長い梯子があったり、適度に岩場歩きが続いたりもするので、北アルプス山歩きの入門編としては最適だと思います。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

PageTop

春の訪れ

撮影日:2006/05/06
撮影地:上高地(長野県松本市)
別ウィンドウで写真を拡大(480×640ピクセル)


河童橋から明神池の方へと梓川の右岸を遡るように進んでいくと、やがて木道の渡された湿原地帯のようなところへと出ます。まだまだ雪も残っていて木道の上もところどころ滑りやすくなっていました。

梓川に流れ込む支流が林の中を縫うように流れる中、長い冬の間に降り積もった雪もだいぶ解けてきていたようでした。山間のこの地にもようやく遅めの春が訪れていたのでした。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

PageTop

鯉のぼり

撮影日:2006/05/06
撮影地:上高地 河童橋付近(長野県松本市)
別ウィンドウで写真を拡大(480×640ピクセル)


もう一週間たってしまいましたが、遅ればせながら‘鯉のぼり’です。

昨日の写真と同じく、こちらも上高地河童橋付近で撮影しました。でも、1年前の竜神大吊橋の写真とくらべると、あまりどこで撮ったのかは分からないですよね...(汗)



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

PageTop

5月の上高地

撮影日:2006/05/06
撮影地:上高地 河童橋(長野県松本市)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


今年の5月の大型連休はどこへも行けませんでした。そこで、2年前の大型連休中に訪れた上高地の写真をアップすることにします。

穂高連峰の長野県側の麓、梓川が貫いて流れる景勝地上高地。有名な景勝地だけあって、とても美しいところです。河童橋、大正池などといった人気スポットも多く、また焼岳や穂高連峰の山々、槍ヶ岳などへの登山基地としても賑わいます。
5月初めはこの写真のように穂高連峰の山々はまだまだ厚い雪で覆われています。雪の穂高連峰上高地というと、なんとなく井上靖の小説『氷壁』を思い出してしまいます。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

PageTop

【特別企画】千鳥ヶ淵 夜桜ライトアップ

撮影日:2008/03/31
撮影地:千鳥ヶ淵(東京都千代田区)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


今回は、今年のの締め括りということで、ひと月以上も前のものではありますが、3月31日に見にいった千鳥ヶ淵夜桜ライトアップの写真を公開したいと思います。

以前何度か本ブログで書いたことではありますが、ここのは本当に見事としか言いようがありません。そして夜は様ざまな色の明かりでライトアップされるのですが、これがまた幻想的で実に素晴らしいのです。その大変美しくそして幻想的な千鳥ヶ淵夜桜の様子が少しでも伝わってくれるといいのですが...。

それでは、1ヶ月遅れの千鳥ヶ淵夜桜をどうぞお楽しみください。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

PageTop

陽光

撮影日:2008/04/22
撮影地:花見山公園(福島県福島市)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


陽光寒緋桜天城吉野を交配させてつくられた栽培品種です。
天城吉野は染井吉野と同じく江戸彼岸と大島との間の種間雑種とされていますので、この陽光はおおよそ染井吉野と寒緋桜とをかけあわせたものと同じとみて相違ないでしょう。
大輪で花づきの良いところは天城吉野から、ピンクのとてもよく目につく色は寒緋桜から、それぞれ良い性質を受け継いでいます。

今春もいろいろな種類のや世に名だたる一本の名木などを見てきましたが、こうしていろいろな桜をみてきて思うのは、本当に日本人にとって桜という花が特別な存在であるということ。
来年はまたどんな桜と出会うことができるのでしょうか。いまから楽しみです。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

PageTop

鬱金桜

撮影日:2008/04/22
撮影地:花見山公園(福島県福島市)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


本ブログではすでに4度目の登場となる鬱金。福島の花見山公園に行ったときとても綺麗に咲いていたので、そのときの写真を今回もアップしました。

この鬱金、色が黄色いことから古来よくしられていて、いまでは全国で栽培されています。「花は黄色」とはいっても蕾は淡紅色だし、散る間際には花弁に紅色がでてきます。それでもやはり「黄色い」というのはかなり珍しいので(は本来のイメージでは「色」ですから...)、「黄金」とか「浅黄桜」などとも呼ばれもてはやされてきたようです。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

PageTop