1枚の写真

写真ブログ。気の向くままに撮った風景など...。

寒緋桜

撮影日:2008/04/22
撮影地:花見山公園(福島県福島市)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


沖縄では春の訪れを告げる寒緋桜。かの地では1月後半くらいから咲きはじめ、秋に咲く十月の類を別とすれば日本でもっとも早い時期に咲くです。
中国南部やベトナム、台湾、沖縄の石垣島などに自生するこのは、古くからしられていて、緋寒桜、薩摩緋、元日桜などと呼ばれ親しまれてきました。元々の緋寒桜(ヒカンザクラ)という名は彼岸桜(ヒガンザクラ/江戸彼岸桜など本土を代表する桜の種)と混同する恐れがあるため、現在では寒緋桜と呼ばれることが多いようです。

福島市の花見山公園で、前々から見たいと思っていた寒緋桜満開の様子を目にすることができました。ここでは、寒緋桜は染井吉野が散り始めた頃に他の遅咲きの桜とともに花の盛りを迎えるようで、ちょっと意外でした。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

PageTop

【特別企画】三春滝桜

撮影日:2008/04/22
撮影地:三春滝桜(福島県田村郡三春町)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


今回は、先日訪れた三春滝桜の写真一挙公開です。

まわりをぐるっと1周したり、近寄ったり離れたりしながら、いろいろな角度や視点から撮影できたので、そんな写真のいくつかを掲載したいと思います。
この紅枝垂桜の名木の見せる(魅せる)さまざまな姿をお楽しみいただければと思います。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

PageTop

三春滝桜 その3

撮影日:2008/04/22
撮影地:三春滝桜(福島県田村郡三春町)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


三春滝桜紅枝垂桜で、桜のなかでも最も長生きするとされる江戸彼岸桜の流れを汲むものです。花は小振りで花弁も円くはなく、典型的な江戸彼岸の性質を有しているように思えました。

江戸彼岸は花が咲いたあとから葉がでてくるものなのですが、私がここを訪れたときには下の方の枝からだいぶ青々とした葉が出てきていました。そのため少し離れたところから見ると花のついた枝がところどころくすんだ色に見えたのが少し残念でした。
滝桜は満開の頃よりも、少し前の方が滝の流れる様に似てみえるものだ」などというのを聞いたことがありますが、たしかに五分咲きから七分咲きくらいの頃の方が花の色も濃くて、より滝の流れ落ちる様に似て見えるものなのかもしれません。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

PageTop

三春滝桜 その2

撮影日:2008/04/22
撮影地:三春滝桜(福島県田村郡三春町)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


その昔、三春の殿様はこの滝桜をとても愛でていて、開花の時季が近づくとこの土地の庄屋から「いま、何分咲き」などと開花状況を逐一報告してもらっていたのだとか。そして、満開になると自ら花見に出かけていたのだそうです。

殿の桜に手はとどけども、殿の桜で折られない... 『三春盆唄』より

現在でも、この三春滝桜は全国的によくしられていて、花のシーズンを迎えると連日非常に多くの人々がこの一本の桜の名木を見にここを訪れます。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

PageTop

三春滝桜 その1

撮影日:2008/04/22
撮影地:三春滝桜(福島県田村郡三春町)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


まず梅が咲き、次に桃が咲いて、それから桜が咲く。三度の春が同時に訪れることから、この地は三春と呼ばれるようになったといいます。

千年もの間この地にあって、桜の王者と称えられている三春滝桜。その紅枝垂桜の巨木は、圧倒的な存在感をもって見る者の眼前に迫ってくるのです。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

PageTop

夜桜

撮影日:2007/04/07
撮影地:円山公園(京都府京都市)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


今年はなんだか夜桜ばかり見にいっているような気がします。それに、夜桜の写真ばかりアップしているような気がします。

夜桜ってなんだかいいですよね。どこか神秘的でもあり、それどころか妖しげでさえあります。
そういえば、去年こんな写真を撮っていました。京都円山公園祇園枝垂桜です。周囲では篝火も焚かれ、なんともいえない雰囲気の中、夜の10時半くらいでしかも大降りの雨であったにもかかわらず、まだまだ多くの人たちがこの有名な桜のライトアップされているのを眺め、この桜の前で記念写真を撮り、そして幻想的な姿に魅了されていたのでした。ある者は気の置けない仲間たちと一緒に。ある者はひとりで。またある者は傍らの大切なひととともに。

清水へ祇園をよぎる桜月夜こよひ逢ふ人みなうつくしき  与謝野晶子


祇園枝垂桜夜桜の写真はこちらにも掲載しています。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

PageTop

【特別企画】浜離宮の八重桜ライトアップ

撮影日:2008/04/15
撮影地:浜離宮恩賜庭園(東京都中央区)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


今回は、浜離宮八重桜ライトアップの写真一挙公開です。

この日は連日の悪天候の中にあって1日だけではありましたが本当に良い天気でした。前の週の土曜(12日)からの八重桜ライトアップ公開中で最初の好天でしたのでもっと多くの人で混みあっているのかと思ったのですが思ったほどでもなく、おかげでゆっくりと園内を歩きながら撮影して回ることができました。
また、赤や白やピンクなど色とりどりに咲く八重桜以外にも、若干ではありますが遅咲きの一重の桜も咲いていましたし、緑色に咲く珍しい桜である御衣黄(ぎょいこう)や、黄色い鬱金(うこん/欝金)などもありました。もっとも御衣黄のライトアップは遠くから眺めるとはっきりいってただの葉っぱと変わらないですね(笑) さすがは、光合成する花だけのことはあります。

ここの夜景は、周辺に近年次々と高層ビルが建ったこともあり、そのビルの灯りとあいまって「今風な大都会の只中の歴史ある本格的な日本庭園」というちょっと他の都市では見ることのできないであろう独特の景観をつくり出していました。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

PageTop

夜の浜離宮

撮影日:2008/04/15
撮影地:浜離宮恩賜庭園(東京都中央区)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


夜の浜離宮に行ってきました。
通常は17時閉園で職場から徒歩5分と近い割りには訪れることもまずないのですが、この時期には庭園内の八重桜ライトアップをしているので21時まで開園しているのです。

元々江戸幕府将軍家の庭園だった浜御殿は(造営は甲府宰相松平綱重によるものですが、その子綱豊が六代将軍家宣となったため将軍家所有のものとなり、その後に整備、増改築された)、明治維新ののち宮内省所管となり、昭和20年(1945年)に東京都に下賜されました。
浜離宮の園内には海水を引き入れた潮入の池があって、それは潮の干満により池の趣向が変わるというもの。都内では現在ここにしか残っていないという海水池をもつ江戸時代の庭園様式を偲ばせる遺構のひとつです。
今回私が訪れたときにはだいぶ潮が引いていて夜だと水底が洗濯板かなにかのように見えるところが何箇所もありました。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

PageTop

吉高の大桜 その3

撮影日:2008/04/12
撮影地:吉高の大桜(千葉県印旛郡印旛村)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


吉高の大桜は山で、花と同時に赤い葉が出てきます。花自体は白い色なのですがこの葉の赤色と交ざって離れたところから眺めると薄ピンク色に染まったように見えるのです。
これって実は吉野の白山とよく似ているんですね。実際に、花の感じであるとか、一緒に出てきている葉の具合なども、吉野の山にそっくりだと思いました。
※吉野のこちら



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

PageTop

吉高の大桜 その2

撮影日:2008/04/12
撮影地:吉高の大桜(千葉県印旛郡印旛村)
別ウィンドウで写真を拡大(480×640ピクセル)


(以下、案内板より)
印旛村指定天然記念物
吉 高 の 大 ザ ク ラ
指 定 昭和五十六年十月十五日
所在地 印旛村吉高九三〇番地
所有者 須藤家(屋号 文左衛門)

 本樹の樹種はヤマザクラで、樹齢は三百年以上と推定されます。
 樹木の形状は、株立状の独立木で、根回り周囲六・六五m、樹高十一・七m、枝張最大幅二十四・五mあります。花期は四月中旬から下旬で、ソメイヨシノよりは遅れます。
 根元周囲は、所有者須藤家の祭祀場(氏神)として周辺より一mほど小高く塚状に盛土されており良好な環境条件に恵まれて樹勢を拡大してきました。
 今後も良好な樹勢を保てるよう皆様のご協力をお願いいたします。

平成十一年二月
                                                                           印旛村教育委員会



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

PageTop

吉高の大桜 その1

撮影日:2008/04/12
撮影地:吉高の大桜(千葉県印旛郡印旛村)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


千葉県では数少ないの名木、吉高(よしたか)の大桜。畑の一角にこの堂々たる一本のの木が佇んでおり、満開の花を咲かせる頃には大変多くの人たちがこの樹齢300年を超えるともいわれる山の巨木をひと目見ようとここへやってきます。

私もかねてよりこのの話を聞いており、満開のときにはぜひここを訪れたいと思っていたのですが、念願叶ってやっと見にいくことができました。

次回もこの吉高の大桜の写真を掲載する予定です。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

PageTop

夜の旧新橋停車場と八重桜

撮影日:2006/04/13
撮影地:旧新橋停車場(東京都港区)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


東京都心部は染井吉野の盛りもすっかり終わり、代わって八重桜が咲き始めました。
本日の写真は、ちょうど2年前仕事帰りに撮った夜の旧新橋停車場前の八重桜です。そのときは三脚を携帯しておらず、撮るのに苦労した覚えがあります。

鉄道唱歌の出だし「汽笛一声新橋を...」でお馴染みの新橋停車場のあった同じ場所に、平成15年(2003年)4月10日往事の駅舎の外観を再現して旧新橋停車場が建ちました。
その前には3本ほど八重桜が植わっていて、夜になると再現駅舎とともにライトアップされてなかなか綺麗です。金曜日(11日)に見てみたら、今年もぼちぼち花開いてきていました。
八重桜の種類は関山(かんざん)で、荒川堤から全国に広まった品種です。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

PageTop

撮影日:2008/04/05
撮影地:東京都あきる野市
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


。毎年この時期に一斉に花を咲かせ、多くの人々の目を楽しませてくれます。
4月6日現在、東京では今年の(染井吉野)もだいぶ“散り始め”のところが多くなってきました。
以前、染井吉野は散り際も美しくそれが明治期の国策とも相まってこのが全国に植えられていった契機のひとつとなったのだという話にも触れさせてもらいましたが、それも平和な時代であればこそ春の日の風物詩として心穏やかに眺めていられるものなのではないかと思います。
田安門と桜(2007/03/31)の記事

昨日、家事あって郊外のあきる野市某所を訪れましたが、このあたりはいまが見頃であちらこちら満開のが綺麗でした。
満開のの花を眺めながら、もうじきそれもおしまいなのだなあ...などと、それはそれでちょっと寂しい気持ちにもなってしまいました。また1年後を楽しみにしたいと、そう思いつつ。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

PageTop

牛ヶ淵の桜 2008

撮影日:2008/03/31
撮影地:牛ヶ淵(東京都千代田区)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


本日の写真のタイトルは「牛ヶ淵 2008」。またしても、昨年、一昨年と同じような写真を撮ってしまいました!(笑)

一昨年は夕刻、そして昨年は朝方の牛ヶ淵でしたが、今年は夜です。
北の丸公園を挟んだ向こう側の千鳥ヶ淵のようにライトアップされていたわけではありませんでしたが、20時過ぎにここにやってきたときには日本武道館の周辺はまだ予想外に明るかったのでちょっと驚きでした。帰る頃(22時過ぎ)に見たらすでに武道館のまわりは暗かったようでしたので、あるいは濠の反対からの光に照らされていたのかもしれませんね。

牛ヶ淵三部作はこちらをクリック



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

PageTop

井の頭恩賜公園の夜桜 その2

撮影日:2008/04/02
撮影地:井の頭恩賜公園(東京都三鷹市)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


本日も昨日に引き続き、井の頭恩賜公園夜桜の写真です。

吉祥寺駅の方から真っ直ぐ石段を下ってきて井の頭池の前に出たところから左側には売店が建っていて、そこの灯りに照らされてすぐ前の池にせり出すようにして咲くは夜でもとても美しく見えました。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

PageTop

井の頭恩賜公園の夜桜 その1

撮影日:2008/04/02
撮影地:井の頭恩賜公園(東京都三鷹市)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


井の頭恩賜公園。公園の真ん中にある井の頭池を取り囲むようにの木が植えられています。
ここのはその多くが水面に届かんばかりに枝を伸ばしているので、昼間ボートから眺めるさまは大変豪華で素晴らしいものです。ただし、「ここのボートに乗ったカップルは別れる」というかの有名なジンクスがありますので、十分にご注意を!(笑)

の時季の夜の井の頭公園は宴会花見客が多く集まります。特に池の吉祥寺駅側にある野外ステージの辺りは毎年賑やかですね。井の頭公園をご存じない方にその状況を伝えるとしたら、東京都区内だと上野公園、京都市内だと円山公園のような雰囲気だとでも言えば少しは伝わるでしょうか?もちろん今回私が訪れたときもそうでした。ただ、上野公園よりは集まる年齢層が若いので、さすがにカラオケの機械まで持ち込むような人はいなさそうですが...。
そんな井の頭公園ですので、夜桜をお洒落に演出するようなライトアップもありませんし、を照らす街灯も白い蛍光灯ですので(しかも数が少なめ)、正直夜はそれほどオススメではありません。それでも、池をぐるっとひと回りしてみれば、人が少なくて静かにを眺められる場所も意外にあったりするものなのです。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

PageTop

千鳥ヶ淵のライトアップを見てきました

撮影日:2008/03/31
撮影地:千鳥ヶ淵(東京都千代田区)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


東京では数日前にすでにが満開を迎え、咲くのが早かった靖国神社では3月31日の時点ですでに散り始めとなってしまいました。
今年、東京ではまだ花見らしい花見をしてはいなかった私も、31日の仕事帰りにやっと名所のを拝んできました!

で、今回訪れたのは東京のの名所としてしられる千鳥ヶ淵。そこの有名な夜間ライトアップを初めて見てきました。
ここのは昼間見ても本当に見事なのですが、それに輪をかけて夜は色とりどりのライトで照らしていて本当に豪華でした。時間も22時までとあって、終了時間までゆっくりと眺めることができました。
最後に「本日のライトアップは、これにて終了いたします」のアナウンスとともに灯りが落とされると、いい歳した大人の皆さんが一斉に「えーっ!?」と大合唱したのには、かなり笑いましたが...。

本日は、とりあえずこの遠景1枚のみのアップです。ちょっとピン甘気味なのはご愛嬌ということで(笑)
残りは、明日以降小出しに掲載していくか、あるいはそのうち気が向いたら「特別企画」などとして一挙公開させていただくかするかもしれません...。

付記:
千鳥ヶ淵 夜桜ライトアップ」の特別企画記事をアップしました(5/4)
※記事はこちらをご覧ください。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

PageTop