1枚の写真

写真ブログ。気の向くままに撮った風景など...。

西穂独標

撮影日:2007/09/23
撮影地:西穂高岳側より西穂独標(長野県、岐阜県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


新穂高温泉に一泊した翌日、新穂高ロープウェイ経由で西穂山荘へと着いたのは11時近くなってからでした。

天気もあまり良くなく、午前中に西穂高岳方面から山荘まで歩いてきた方の話では道中ガスで見通しも悪く、とても景色を楽しめる状態ではなかったとのこと。そこで、多くの人たちが西穂独標までの往復に留めることにしていたようでした。途中、丸山のあたりからは雨が降り出すといった始末でしたので、私もそれに習いとりあえずは西穂独標まで行くことにしました。

幸い雨は上がったものの相変わらずの天候不順でしたのでここで折り返す人が多く、そのぶん西穂独標(2,701メートル)までは往路、復路を行くとても多くの人たちで賑わっていました。
西穂独標の山頂では記念写真を撮ろうという人たちで順番待ちの状態。私もカメラを手に持っていたせいか、写真撮影を頼まれたりしました(笑)

西穂山荘側からの西穂独標の登りはそんなにキツくはない上に鎖なども整備されているのですが、ここから西穂高岳方面に下りる側はというとご覧の通りで、まさに“切り立った崖状態”でした。岩の所どころにある○印が見えるでしょうか?そこを下りていく(あるいは逆に攀じ登っていく)のです。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

PageTop

秋桜の咲く風景

撮影日:2007/09/22
撮影地:新穂高温泉(岐阜県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


ひと月ちょっと前、新穂高ロープウェイで千石平(西穂高口)まで上がり、そこから西穂山荘へ行こうとした日のことです。

東京・西新宿を朝9時発の高速バスで平湯温泉まで行くのに中央道の渋滞にはまってしまい、結局2時間遅れで平湯に到着。更に路線バスを30分待って新穂高温泉へと向かったところ、16時発の最終のロープウェイに間に合いませんでした(泣)
ちょっと落胆して「今日の宿はどうしようか...」などと考えながら坂道を登っていくと、道の向こうに秋桜コスモス)が美しく咲いているのが目にとまりました。ちょっと残念な想いをしていたときだけに、なんだか妙に嬉しくなってしまいました。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

PageTop

称名滝

撮影日:2007/08/24
撮影地:大日三山縦走称名滝(富山県)
別ウィンドウで写真を拡大(480×640ピクセル)


日本一の落差(350メートル)を流れ落ちる称名滝

実は、ここを訪れたのは今回で2度目。1回目に来たのは昨年の5月、まだ滝壷が残雪に覆われていた時期でした。水量も多く、弥陀ヶ原の豊富な雪解け水が右側にもうひとつの滝-ハンノキ滝を生み、これが称名滝とともに同じ滝壷へとV字を描いて落ちていく姿は壮観でした。
※記事はこちら

一方、今回も2日前の豪雨の影響で雪解けシーズンに水量はとても及ばないながらもハンノキ滝が現れていました。そして、称名滝はといえば相変わらずの水量で、ゴーゴーと音をたてながら流れ落ちていました。この滝の轟音を「南無阿弥陀仏」と名号を称える声かと思ったという法然上人の話もなるほどと思えてしまうほどに、壮大なスケールをもって我々の前に存在していました。
また、滝そのものとともに素晴らしかったのは、滝の上部を覆う緑色の木々。茶色の断崖に瑞々しい彩りを添えていて、この日の晴天にも映えとても美しいものでした。

大自然の生んだ壮大かつ美しい風景。まさに、今回の山行の最後を飾るに相応しいものでした。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

PageTop

称名坂~大日岳登山口

撮影日:2007/08/24
撮影地:大日三山縦走称名坂(富山県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


牛ノ首猿ガ馬場の延長のような樹林帯の道をさらに下っていきます。
称名坂の道のりは少々長いのですが、傾斜もかなり緩やかになってきたのでそれほど足に負担は感じなかったような気がします。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

PageTop

猿ガ馬場

撮影日:2007/08/24
撮影地:大日三山縦走猿ガ馬場(富山県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


牛ノ首の急な尾根を下り、猿ガ馬場(さるがばんば)でひとやすみ。ここは小さな広場で、足を休めるのにちょうど良いところでした。

この辺りは完全な樹林帯で、下の方は笹の類に覆われており、日の当たるところでは背の高いオオハナウドが白い花を咲かせているのが多く見られました。
この付近まで降りてくると、眼下に称名滝の展望台が見えてきました。あともう少しです!



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

PageTop

牛ノ首尾根

撮影日:2007/08/24
撮影地:大日三山縦走牛ノ首(富山県)
別ウィンドウで写真を拡大(480×640ピクセル)


牛ノ首尾根」-なぜそんな名前がついたのでしょうか?
むしろ「馬ノ首」とか「麒麟ノ首」とでも呼んだ方が合うのではないか...そんな風にも思えました。

大日平と別れると木々が鬱蒼と茂る樹林帯に入り、そしてこの写真のように急な岩の斜面をいくつも下りていくことになります。斜面にはロープや梯子などが設置されていますが、だいぶ長いこと歩いてきた足にはこの急な下りはかなりの負担となります。私は登りよりはむしろ下りの方が苦手なのでなおさらでした。
前の晩大日小屋に宿泊して、朝は私よりひと足先に出発されていた方に大日平で追いつきました。それからはずっと一緒に歩いてきていたのですが、この方は前の日に下から大日小屋まで上がってきていました。その方によると、やはりここは登りよりは下りの方がキツイとのことでした。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

PageTop

【特別企画】夜明け前の原爆ドーム

撮影日:2007/10/23
撮影地:原爆ドーム(広島県広島市)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


1945年(昭和20年)8月6日午前8時15分、米軍のB29爆撃機が、人類史上最初の原子爆弾を投下しました。原爆は、広島県産業奨励館の南東約160メートル地点の上空約600メートルで炸裂し、建物は大破・全焼、館内にいた全員が即死しました。
しかし、爆風が上方からほとんど垂直に働いたため、建物の壁の一部は倒壊を免れ、最上部に残った鉄骨により円蓋をもつ建物であったことがわかる程度の残骸となりました。
戦後、広島産業奨励館の残骸は、最上部の円蓋鉄骨の形から、いつしか市民から、原爆ドームと呼ばれるようになりました。
(以上、案内板より)



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

PageTop

大日平より大日岳と大日小屋

撮影日:2007/08/24
撮影地:大日三山縦走大日平より大日岳(富山県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


薬師岳とは反対側、右手には大日岳が望めます。

称名川の流れに沿うように、大日平を西へ西へと進んでいきます。そして、どんどんと大日岳からは遠ざかっているのです。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

PageTop

薬師岳

撮影日:2007/08/24
撮影地:大日三山縦走大日平より薬師岳を望む(富山県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


大日平山荘を出発して大日平のゆったりとした下りの道を進んでいくと、左手の弥陀ヶ原のさらに向こうに薬師岳のどっしりとした姿を眺めることができます。

日本百名山にも選定されているこの薬師岳(2,926メートル)、古くから信仰の対象とされその名のごとく薬師如来が祀られています。
上の写真では右側にあたる折立から太郎平を経由する往復登山コースが、いささか距離は長いとはいえ危険な個所も少なく、北アルプスの入門コースとして相応しいものとされています。
ところが、こうして遠くから見ても判るとおり周囲から独立した巨大な山塊は、北アルプスの山々を縦走する場合にはひとつだけ離れているがために他の山々からは大きく回り道をしないとならないようです。それでも山小屋などで伺った限りでは、決して少なくはない方たちがこの薬師岳を北アルプス縦走コースのひとつに加えたいと話していました。
最近は、薬師岳から太郎平小屋に泊まってその後雲ノ平へと抜けるコースも人気があるようです。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

PageTop

不動滝

撮影日:2007/08/24
撮影地:大日三山縦走大日平山荘裏より不動滝称名川の渓谷(富山県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


大日平山荘の裏手には、称名川の深い渓谷と、一ノ谷からの流れが称名川に注ぐところにある不動滝とを眺められる展望台があります。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

PageTop

大日平

撮影日:2007/08/24
撮影地:大日三山縦走大日平(富山県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


それまでの樹林地帯を抜けて急な下りも落ち着いてくると、やがて大日平へと入っていきます。

大日平はどこまでもつづく平原。ゆったりとした湿原地帯が広がっています。平原の中には木道が渡してあって、所どころに池塘が点在します。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

PageTop

大地の裂け目

撮影日:2007/08/24
撮影地:大日三山縦走/眼下に大日平弥陀ヶ原を望む 中央に大日平山荘(富山県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


大日小屋を出発すると、大日岳の南斜面を一気に下っていきます。大日小屋から大日平大日平山荘)までの標高差は実に700メートル、道のりにして2~3キロといったところでしょうか。
ぐんぐんと高度を下げていくと、周囲の景色はしだいに樹林帯のそれへと一変します。そうして大日小屋を出発してから40分ほどで綺麗な沢の水場へと辿り着きます。

眼下には大日平とその向こうに広がる広大な弥陀ヶ原の平原とが広がっています。
そしてそれらの間には、称名川が平原に刻み込んだ深い谷が、まるで大地の裂け目のように横切っているのです。これこそが大日三山大日平の側を交通アクセスの容易な立山アルペンルート側(弥陀ヶ原、天狗平側)から隔絶するものであり、大日三山が「近くて遠いところ」とされる所以なのです。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

PageTop

朝の大日小屋前からの眺め

撮影日:2007/08/24
撮影地:大日三山縦走大日小屋前より剱岳を望む(富山県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


実は、大日小屋に宿泊するというので楽しみにしていたことがふたつあったのですが、残念ながらいずれも叶いませんでした。
そのふたつというのが、ひとつは小屋の前から眺める剱岳が夕陽に真っ赤に染まるさまを眺めること。もうひとつは朝剱岳の方角から昇る御来光を拝むこと。どちらも濃いガスに阻まれて残念ながら見ることができなかったのです。

でも、日の出からだいぶ経ってからではありましたが、雲が晴れるとともに剱岳やその奥の白馬岳などが姿を現しました。
小屋のスタッフの方も話していましたが、このときの雲と霧との立ちこめ具合が太陽の光をうまく拡散してくれたのが幸いして、とても幻想的な眺めをつくりだしてくれたのでした。
実は、このあとまた雲とガスとに隠されてこれらの山々は見えなくなってしまったのですが...。

ところで、大日小屋の玄関には剱岳のことを詠んだものと思われる以下のような漢詩が掲げられています。
------------------------------------------------
 深 林 無 人 語        深林人語無く
 石 径 聴 清 泉        石径清泉を聴く
 独 坐 青 山 上        独り坐す青山の上
 巌 峰 在 眼 前        巌峰眼前に在り
平成乙丑初秋 独立大日岳 西山
------------------------------------------------
 ※ただし、読み下しはNewmanの解釈による

この小屋に一緒に宿泊したオバさまにこの詩を読み下しして聞かせ私の解釈をお伝えしたところ、そのオバさま曰く、首聯は「『風林火山』の「林のところ(徐如林=徐(しず)かなること林の如く)」と同じじゃないの~!」と。オバさま、なかなかどうしてスルドイです(笑)



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

PageTop

【番外編】牛タン定食

撮影日:2007/10/15
撮影地:仙台(宮城県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


出張で仙台へ。...ということで、「牛タン定食」です。
日帰りだったので時間もなく観光などもできませんでしたので、こんな写真しか撮っていません(笑)

BSE(牛海綿状脳症)問題やらなんやらで、一時期は存続も危ぶまれたこの仙台牛タン。現在は無事持ち直してくれたようです。
それにしても、さすがにご当地名物だけあって、‘牛タン丼’や‘炙り牛タン握り’なんてメジャーなものから、‘牛タンラーメン’なんてメニューまでもあったりするようでした。でもまさか、チェーシューよろしく「舌の上でとろけるような牛タン...」なんてわけにはいかないのでしょうけれども(笑)



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

PageTop

大日小屋の夜

撮影日:2007/08/23
撮影地:大日三山縦走大日小屋(富山県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


大日岳と中大日岳との間に建つ大日小屋大日三山縦走1日目の夜はこちらに一泊することとなりました。

定員40名ほどのこの小屋は、夜になると食堂に昔ながらのランプを吊るす‘憧れのランプの小屋’としてもしられています。
温かみのある揺れる炎、ランプの灯りにはとても心が和みました。そして、自然とこの日の宿泊客6名と小屋のスタッフの方3名とが皆この食堂に集っていたのでした。

大日小屋のページはこちら



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

PageTop

ブロッケン

撮影日:2007/08/23
撮影地:大日三山縦走大日岳山頂(富山県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


ブロッケン現象。
背後から射す陽の光による影が霧によってできたスクリーンに映し出される現象で、光が散乱されて影の周りに虹のような輪が現れます。

大日岳山頂にやってきたとき、西に傾いた太陽の強い光と北東側の斜面に厚く立ちこめたガスとで、幸運にもこのブロッケン現象に遭遇することができたのでした。
話には聞いていたのですが、実際に目の当たりにしてみるととても幻想的なものでした。昔の人が‘ブロッケンの妖怪’と恐れたり、あるいは‘阿弥陀の御来迎’だと有り難がったりしたという気持ちもなんだか解るような気がします。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

PageTop

大日岳

撮影日:2007/08/23
撮影地:大日三山縦走大日岳を望む 眼下に見えるのは大日小屋(富山県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


中大日岳を下ると、その日泊まる予定の大日小屋が見えてきました。
宿泊の手続きを終えて小屋のスタッフに目の前に聳える大日岳の頂上までの所要時間を訊くと「30分もあれば頂上まで行ってこられますよ」との事だったので、荷物を置いて大日岳山頂へと向かいました。

大日岳大日三山奥大日岳中大日岳、大日岳)は、読んで字のごとく大日如来の名に由来します。古くから修験道の聖地になぞらえられていたようで、麓の芦峅寺(あしくらじ)の集落から修験者たちがこの大日三山の峰伝いに立山巡礼に向かったそうです。明治26年(1893年)には、この大日岳の山頂で平安初期のものと思われる錫杖頭が発見され国の重要文化財に指定されています。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

PageTop

七福園

撮影日:2007/08/23
撮影地:大日三山縦走中大日岳 七福園(富山県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


大日三山縦走の道中にはとても多くの見どころがあります。どこまでも続くお花畑や、称名川の深い谷とその向こうに広がる天狗平や弥陀ヶ原の眺望、ときには雷鳥たちが目の前に姿を現わすことも。
そんな中でも、七福園と名づけられたこのハイマツに覆われた岩石地帯は、大日三山縦走路上のハイライトのひとつとなります。

実は、ここを訪れたときには空もどんよりと曇っていて少し前まではガスも出ていました。奥大日岳を下っているときに休んだきりでしたので、この場所で暫し休憩をとることにしました。
大きくて平らな岩にザックを下ろして、自然が創りだしたこの日本庭園のような景色を眺めていました。するとやがて空にたちこめた灰色の雲に切れ目ができたかと思うとみるみると風に流されて青い空が見えてきました。そしてその雲の切れ目から太陽が顔を出し、この庭園のような七福園の岩とハイマツとに陽の光が射しはじめ、周囲は一気に明るくなりました。目の前には素晴らしい風景が広がっていました。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

PageTop

ライチョウ

撮影日:2007/08/23
撮影地:大日三山縦走中大日岳(富山県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


氷河期の生き残りともいわれ、国の特別天然記念物に指定されるライチョウ雷鳥)。立山周辺に多く生息し、なかでもこの大日三山は生息密度がきわめて高いことでしられています。
ライチョウはキジの仲間(キジ目ライチョウ科)で、足まで羽毛で被われており、夏羽は茶色、冬羽は真っ白といった具合に季節により外見が大きく変わるのが特徴的です。

この写真は中大日岳七福園の少し手前で番いで現れたオスのライチョウです。ガサガサ音がしたのでそちらを見てみたら、少し離れたところに2羽のライチョウが歩いていました。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

PageTop

奥大日岳山頂

撮影日:2007/08/23
撮影地:大日三山縦走奥大日岳山頂(富山県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


長い稜線の道を進んでいくと、奥大日岳(2,606メートル)の頂上が見えてきました。

登山道は手前で左に向かうのですが、そこから逸れて進んでいった岩の上に奥大日岳の三角点が置かれています。ここからは天気が良ければ剱岳なども見えて美しい眺望があるようなのですが、あいにくとそちらの方向は濃いガスにさえぎられてよくは見えませんでした。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

PageTop

大日三山縦走-お花畑の道

撮影日:2007/08/23
撮影地:大日三山縦走大日三山縦走路 以下同じ(富山県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


雷鳥平から浄土沢を渡り、いよいよ大日三山の縦走路へと入っていきました。

室堂平や弥陀ヶ原の横に悠然と連なる大日三山は、近いけれども遠いところ。間に称名川(浄土沢の下流)の深い谷があって隔てられているため、室堂平や弥陀ヶ原とはまったく異なった雰囲気がしました。

この大日三山の縦走路には、お花畑が続き数々の高山植物が咲き乱れ、始終我々の目を楽しませてくれます。上の写真に写っているのはクルマユリ。ちょっと小ぶりで可憐なユリの花です。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

PageTop

雷鳥平より立山を望む

撮影日:2007/08/23
撮影地:立山アルペンルート雷鳥平より立山を望む(富山県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


地獄谷を抜けて雷鳥平へとやってきました。

ここから立山を望むと、雄山から大汝山にかけて稜線が連なるその下に山崎カール圏谷)という氷河の浸食でできた谷状の地形がよくわかります。この山崎カールは1905年(明治38年)に地理学者山崎直方博士により日本で初めて発見され、これによりわが国にも氷河期が存在したことが証明されました。

一方、手前の斜面に沢山みられるのはチングルマの花柱(花弁が落ちると、このように綿毛が長く伸びる)です。花が終わるとこのように糸状になって風車のようになり、風に乗ってとび散ることからこの花を「稚児車」と呼ぶのです。チングルマは草ではなくバラ科の木で、美しく紅葉することから、花と、綿毛の伸びた実と、そして紅葉した葉と3回楽しめるのです。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

PageTop

地獄谷

撮影日:2007/08/23
撮影地:立山アルペンルート地獄谷 鍛冶屋地獄(富山県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


立山三山縦走の2日後、室堂から富山側へと向けて下山することにしました。
今回とったのは、バス道路とは称名川(浄土沢の下流)を隔てて反対側に連なる大日三山(奥大日岳、中大日岳、大日岳)を通る縦走路です。

縦走路に入る前に、地獄谷を通っていくことにしました。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

PageTop

雷鳥沢

撮影日:2007/08/21
撮影地:立山三山縦走/雷鳥沢より浄土沢雷鳥平のキャンプ場を見下ろす(富山県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


別山を下り、別山乗越(べっさんのっこし)へ。すぐ下に別山乗越に建つ剱御前小舎が見えてきた頃、雨がポツポツと降り始めてきました。小舎の前で雨具を着こんでから、室堂方面への最短コースとなる雷鳥沢を下っていきました。

別山乗越を出るころから雨は次第に強さを増し、雷鳥沢の急な斜面の登山道はみるみる間に雨水が流れる道筋となってしまいました。
やがて少しガスが晴れてくると、眼下には室堂平を囲むように流れる浄土沢と、そこを渡った先に色とりどりのテントが張られた雷鳥平のキャンプ指定地とが見えてきました。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

PageTop

別山

撮影日:2007/08/21
撮影地:立山三山縦走/別山頂上の祠(富山県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


別山の急な岩場をしばらく登っていくと、細長い台地状の別山山頂に着きます。

実は、真砂岳を下って別山を登りはじめた頃にはかなりガスが出てきていました。そこで、別山の方から下りてきたご夫婦に「山頂まではまだかなりありますか?」と訊いたのですが、男性が仰るには「ここまで下りてくるのに40分はかかったから、登りだったらまだ1時間はかかるんじゃないの?」とのことで、この先で左に分ける巻道に行くよう勧められました。
でもまだ雨も降ってはこないようでしたし、なによりもここで別山に登らなくては「立山三山縦走」にはならんじゃないかということで、巻道はとらずにそのまま真っ直ぐガレた山頂への道を進むことにしました。
実際には、先ほどのご夫婦と話した場所から30分も経たずして、ちょっと岩場を左に回り込んだところにこの祠が見えてきたので、少々拍子抜けしてしまいました(笑)

これでとりあえずは、浄土山(記事はこちら)、雄山(記事はこちら)、別山のそれぞれ雰囲気の異なった祠にも無事詣でることができました。
ちなみに、この別山の祠には帝釈天が祀られているのだそうです。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

PageTop

内蔵助カール

撮影日:2007/08/21
撮影地:立山三山縦走/内蔵助カール真砂岳(富山県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


富士ノ折立の険しい岩の斜面を下ると、真砂岳へと続く稜線上の緩やかな砂礫の道に出ます。この富士ノ折立と真砂岳の間の稜線の東側斜面には内蔵助カール(圏谷)という氷河による浸食の跡があり、真夏でも雪渓が見られます。

緩やかで一見どこが山頂なのかもよく判らないような真砂岳の先には内蔵助山荘があり、ここから見る御来光はカールの雪渓をもピンク色に照らしだしとても美しいのだと、この日の下山後に室堂の山小屋で同室になったご年配の方(御年75歳!)が仰っていました。実際、翌々日にこの方は内蔵助山荘に向けて宿を出発されました。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

PageTop

富士ノ折立

撮影日:2007/08/21
撮影地:立山三山縦走/縦走路より富士ノ折立(富山県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


立山の3つの峰のひとつ、富士ノ折立
頂上(2,999メートル)は縦走路からかなり外れたところにあり、このように鎖はおろかペンキ塗りの「○」や「←」といった印さえもない岩を伝っていくこととなります。正直なところ「ここから落ちたらまず助からないだろうな...」などと他人事のように思いながら、縦走路とは反対側へと岩をぐるっと回り込むようにして進んでいきました。
しかも、この頃にはかなりガスがでてきてしまい、方向によっては視界も悪くなってきてしまっていました。富士ノ折立の山頂へと向かったのはまさにこんなときだったのです。

後日談なのですが、この3日後(8/24)の昼過ぎに富山の街に着いてから遅めの昼食をとりました。そこで、今回の山歩きで参考にしたガイドブック(佐伯郁夫・佐伯克美著 『立山・剱岳・薬師岳(YAMAPシリーズ5)』 山と渓谷社)を開いて今回の旅で歩いてきたルートを再確認してみたのですが、なんと「富士ノ折立は山頂を踏まず、室堂側を巻くようにして...」と記載されていました。大汝山の件(記事はこちら)といい、この富士ノ折立の事といい、いかに私の性格がアバウトであるかを物語っていますね(笑)



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

PageTop

大汝山

撮影日:2007/08/21
撮影地:立山三山縦走/大汝山頂 右後方は手前から真砂岳、別山、剱岳(富山県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


立山に登る」というと通常は雄山に登ることをさすようですが、立山の最高点(3,015メートル)は大汝山の一見目立たないこの岩なのです。登山路からは少し外れたところにあって、雄山の方からやってくるとこの先の大汝休憩所前から少し戻るような形で登ってくることとなります。
実は、このとき私は登山道から右手に見えた「↑頂上」というペンキ塗りの表示を見てそちらへと進んでいってしまいました。途中でロープが張ってあったので「おかしいな?」と思ったのですが、そのまま進んでいってしまい、もう一度ロープが張ってあるところ(大汝休憩所前からの道)までやってきてようやく誤りに気づいたのでした。皆さん、くれぐれも気をつけましょう。

ところで、立山連峰の最高点であるということは、富山県内でも最高所ということにもなるんですね。富山県というと剱岳をはじめとして峻険な山々が連なる地というイメージがあるのですが、県内の3,000メートル峰はこの立山雄山 3,003メートル、大汝山 3,015メートル)のみ。ちょっと意外な気もしますね。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

PageTop