1枚の写真

写真ブログ。気の向くままに撮った風景など...。

瑞龍寺 その1-山門

撮影日:2007/02/11
撮影地:瑞龍寺山門(富山県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


曹洞宗高岡山瑞龍寺。加賀藩二代藩主前田利長公の菩提を弔うため、三代藩主利常公により建立された寺です。造営は正保年間から利長公の五十回忌の寛文3年(1663年)まで、実に20年もの歳月を要しました。
この山門は火災で焼失したため、文政3年(1820年)再建のもの。国宝に指定されています。
この当時すでに西洋式の技術が多く紹介されていたにもかかわらず、この山門は珍しく和算により設計されたそうです。山門ですから、左右に金剛力士像(仁王像)が安置されています。「阿と吽」ってやつですね。

実はこのとき門の下には人が沢山いたので、こんな写真を撮ってみました。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

PageTop

こきりこ節 その2

撮影日:2007/02/10
撮影地:五箇山菅沼集落(富山県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


こきりこ節を踊るときの衣装として、「放下僧のささら踊り」の衣装が有名です。直垂括袴(ひたたれくくりはかま)で山鳥の羽をつけた綾藺笠を被り、両手でびんざさらをもつという独特の出で立ちで、大きく足を踏み鳴らすようにしながら片足を軸に回転して、このささらを持った手を大きく振り回して音を鳴らしながら踊ります。

ところで、私がこの「こきりこ節」を初めて耳にしたのは小学校高学年のとき。NHKラジオの「みんなのうた」という番組でした。
こきりこ節は、その昔放下僧が即興的に歌ったことの名残なのでしょうか、歌詞がたくさんあります。そんな中で、ラジオから流れていたのは以下のものです。
----------------------------------------------
♪こきりこの竹は七寸五分じゃ 長いは袖のカナカイじゃ
♪踊りたか踊れ泣く子をいくせ ササラは窓の許にある
♪向の山に啼く鵯(ひよどり)は 啼いては下がり啼いては上がり
----------------------------------------------

これらにつく「♪まどのサンサもデデレコデン はれのサンサもデデレコデン」という不思議なお囃子といい、独特な節まわしといい、なんだか不思議に思いいつまでも耳に残って忘れることがなかったことを、いまでもはっきりと覚えています。


※追記:他の五箇山の記事は、下記INDEXにてご覧いただけます。
・世界遺産> 文化遺産> 白川郷と五箇山の合掌造り集落/Historic Villages of Shirakawa-go and Gokayama



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

PageTop

こきりこ節 その1

撮影日:2007/02/10
撮影地:五箇山菅沼集落(富山県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


♪こきりこの竹は七寸五分じゃ 長いは袖のカナカイじゃ
♪まどのサンサもデデレコデン はれのサンサもデデレコデン

五箇山地方の民謡「こきりこ節」。今回、菅沼集落でこのこきりこ節の踊りの実演を見ることができました。
こきりこ節はわが国で最も古い民謡とも言われ、田楽から派生し田踊りとして発展しました。これらは五穀豊穣を祈り、また百姓の労をねぎらうため田楽法師と呼ばれる職業芸能人たちが田植えや稲刈りの間に行なった踊りでした。
こきりこは、「筑子」または「小切子」とも書き、二本の竹で作った簡素な楽器の名前に由来しています。これを手首を回転させながら打ち鳴らすと、軽やかな音を出します。
もうひとつ、こきりこに欠かせない楽器が「びんざさら」(単に「ささら」とも)といわれるものです。108枚の竹の板または木片を束ねたこのささらを、半円に構えて波打たせて鳴らす不思議な響きは耳に残ります。


※追記:他の五箇山の記事は、下記INDEXにてご覧いただけます。
・世界遺産> 文化遺産> 白川郷と五箇山の合掌造り集落/Historic Villages of Shirakawa-go and Gokayama



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

PageTop

五箇山 ライトアップ その5

撮影日:2007/02/10
撮影地:五箇山菅沼集落(富山県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


菅沼集落の入口(集落側の駐車場のある側)から入って坂を下っていくと、集落の中に貯水池があります。この集落では、11月の防火の放水訓練の行事(放水銃で水を蒔く消火訓練)も有名ですので、恐らくこれは消防用のものではないかと思うのですが...。
ともかく、ライトアップされた合掌造り家屋がそこに逆さに映し出されているさまはなんとも美しくもあり、また幻想的でもありました。

ただ、実はこの頃から雨脚が一段と強くなってきてしまい撮影にはかなり難儀しました。雨に濡れ、時折レンズを拭きながら...といった具合でしたので。


※追記:他の五箇山の記事は、下記INDEXにてご覧いただけます。
・世界遺産> 文化遺産> 白川郷と五箇山の合掌造り集落/Historic Villages of Shirakawa-go and Gokayama



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

PageTop

五箇山 ライトアップ その4

撮影日:2007/02/10
撮影地:五箇山菅沼集落(富山県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


五箇山菅沼集落の駐車場は、東海北陸道の五箇山ICを降りてすぐのところと、集落が広がるさまを間近に見下ろせる高台との2箇所にあります。今回は集落側の駐車場が閉鎖されてしまっていましたので、インター側の広い方の駐車場で下車しました。そこから、途中トンネルを潜る道を5分ほど歩くといよいよ集落に到着です。
トンネルを抜けると左前方に立ち並ぶ合掌造りの家々が見えてきました。どれも素朴なライトアップで照らし出されていて、どんな趣向を凝らした演出よりもそのことが却って幻想的な雰囲気を盛り上げているように感じられました。

ただ残念なことに、雪の状態はいまひとつといった感じでした。屋根の雪はどこもほとんど解けてしまっていましたし...。うーん、もう少し雪が残っていたらなぁ!


※追記:他の五箇山の記事は、下記INDEXにてご覧いただけます。
・世界遺産> 文化遺産> 白川郷と五箇山の合掌造り集落/Historic Villages of Shirakawa-go and Gokayama



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

PageTop

五箇山 ライトアップ その3

撮影日:2007/02/10
撮影地:五箇山菅沼集落(富山県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


きょうの写真も、五箇山菅沼集落のライトアップの続きです。

この菅沼集落は東海北陸自動車道の五箇山ICを降りてすぐのところにあり、いまではかなりアクセスしやすくなりました。とはいえ、東海北陸自動車道の北陸側は隣りの白川ICまでしか開通していませんから、名古屋方面や東京方面からのアクセスはいまだ時間がかかります。もし、白川IC-飛騨清見IC間が開通したら、高山から短時間で行けるようになる分いままで以上に多くの観光客が訪れるようになるのでしょうね。


※追記:他の五箇山の記事は、下記INDEXにてご覧いただけます。
・世界遺産> 文化遺産> 白川郷と五箇山の合掌造り集落/Historic Villages of Shirakawa-go and Gokayama



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

PageTop

五箇山 ライトアップ その2

撮影日:2007/02/10
撮影地:五箇山菅沼集落(富山県)
別ウィンドウで写真を拡大(480×640ピクセル)


越中五箇山合掌造り集落は、1995年12月9日にユネスコの世界文化遺産に登録されました。わが国の世界遺産登録地としてはいまのところ唯一「一般の人々が日々実際に生活を送っているところ」となります。

合掌造りは、江戸時代から始められた蚕産のため屋根裏に棚を設置したのが始まりといわれています。また、この地方は世界的にみても有数の豪雪地帯であるため、雪下ろしの作業軽減と屋根裏の床面積拡大のため急な角度を持つユニークな茅葺屋根になったと考えられています。この特徴的な屋根の形が合掌するさまに見える事が「合掌造り」の名の由来ともなっています。
ところで、合掌造りの建物はみな同じ方角を向いています。屋根が東西に広がるように建てられているのです。これは屋根に満遍なく日が当たるようにするためや、そもそも集落が南北に細長い谷にありそれぞれの方向から強い風が吹くので風を受ける面積を少なくするためなのだそうです。


※追記:他の五箇山の記事は、下記INDEXにてご覧いただけます。
・世界遺産> 文化遺産> 白川郷と五箇山の合掌造り集落/Historic Villages of Shirakawa-go and Gokayama



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

PageTop

五箇山 ライトアップ その1

撮影日:2007/02/10
撮影地:五箇山菅沼集落(富山県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


世界遺産にも選ばれている、五箇山菅沼集落のライトアップを見てきました。

この五箇山菅沼合掌造り集落のライトアップは年間を通じて2日間のみ、しかも1日に40台の許可車両のみしか入れないことから、行く前からとても楽しみにしていました。
ところが、今年は稀にみる暖冬でこの豪雪地も決して例外ではありませんでした。なんでも、2週間ほど前になってやっと積もるくらいに雪が降り出したとのこと。それでも積雪はたったの30~40センチ程度でした。前年には3~4メートルは積もっていたともいいますから...。しかも、追い討ちをかけるかのように途中から天気は雨。雪ではなく...です。
とこんな具合で、なにかと残念づくしの状況でした(泣)


※追記:他の五箇山の記事は、下記INDEXにてご覧いただけます。
・世界遺産> 文化遺産> 白川郷と五箇山の合掌造り集落/Historic Villages of Shirakawa-go and Gokayama



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

PageTop

飛騨高山 上三之町 その7-酒蔵

撮影日:2007/02/10
撮影地:高山上三之町の古い街並み(岐阜県)
別ウィンドウで写真を拡大(480×640ピクセル)


高山には酒蔵(造り酒屋)が数多くあるという話をちょっと前に書きました(記事はこちら)。そして、これら酒蔵の軒先には看板の代わりともいえる杉玉(すぎたま)がぶらさがっています。
この杉玉は別名酒林(さかばやし)とも呼ばれ、新酒ができるとその合図として青々とした杉の葉を玉にして店先に吊るすのです。
そしてこの杉玉も日を追うごとに枯れてだんだんと茶色くなっていきます。この色の変化がまた人々に、新酒の熟成の具合を物語るのです。

私が高山を訪れたときは、「酒蔵めぐり」の開催期間中でした。今年で33回目を数えるこのイベント、毎年1月から3月までの3ヶ月弱のあいだ催されていて、期間中は酒蔵の中が一般公開されたりその年の新酒の試飲ができたりします。
今回私もこの舩坂酒造店さんにお邪魔して、酒蔵見学や試飲をさせていただきました。深山菊という銘柄の、新酒ながらもやや甘口で口当たりの良いお酒でした。酒をいただいたお猪口を土産にいただけたというのも、なんだか嬉しかったです。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

PageTop

飛騨高山 上三之町 その6-出格子

撮影日:2007/02/10
撮影地:高山上三之町の古い街並み(岐阜県)
別ウィンドウで写真を拡大(480×640ピクセル)


高山の街の古い町家の特長ともなっている「出格子」。なかでも際立って美しいと感じたのがこの店の出格子でした。
出格子というのは、柱間より外へ1尺(およそ30.3センチメートル)~1.5尺(およそ45.5センチメートル)ほど突き出して設けられている格子のことをいいます。格子の組子の形式自体は問いませんので、この高山上三之町でもさまざまな大きさや形をしたものが見られます。

実はこの店、前回高山を訪れたとき(2005年9月)には手前の出格子のところに朝顔の花が咲いた蔓がかけられていて、とても印象的でした。
そのときの写真は、こちらをご覧になってみてください(別ウィンドウで開きます)。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

PageTop

飛騨高山 上三之町 その5-雪吊り

撮影日:2007/02/10
撮影地:高山上三之町の古い街並み(岐阜県)
別ウィンドウで写真を拡大(480×640ピクセル)


飛騨高山上三之町の通りの一番奥、突き当たりの丁字路のところにある木にご覧のように雪吊りがしてありました。
雪吊りとは、樹木に支柱を立てたり縄で枝を吊るなどしてこの地方特有の湿気を多く含んだ重い雪から木々を守るというもの。雪の降り積もる前に行なわれるこの雪吊りは、飛騨から北陸にかけての地域の冬の風物詩ともなっています。特に、金沢の兼六園の雪吊りはその規模、数ともに全国的にも有名ですね。

昨年の高山は大雪でこういった雪吊りも大活躍だったのでしょうが、今年はほとんど降雪もなく雪も積もってはいないようでしたので、あまり用をなさず仕舞いのようです...。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

PageTop

飛騨高山 上三之町 その4-飛騨牛にぎり寿し

撮影日:2007/02/10
撮影地:高山上三之町の古い街並み(岐阜県)
別ウィンドウで写真を拡大(480×640ピクセル)


この店の「飛騨牛にぎり寿し」は結構有名なようです。朝からバスに揺られ続けできちんとした昼食もとっておらず、ちょうど小腹も空いていたので食べてみようかと思ったのですが、すでに完売(!)したとのことでした。残念!
なんでも、にぎり寿し2貫が煎餅の上に載って出てくるのだとか。いったいどんな感じなんでしょうね?

それにしても、飛騨牛にぎり寿しの店の奥は甘味処、その先はお食事処でその奥が蕎麦屋。うーん、美味しそうな店が続いていますねぇ...。


付記:飛騨牛にぎり寿しの記事と写真をアップしました。記事はこちら



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

PageTop

飛騨高山 上三之町 その3-赤かぶら

撮影日:2007/02/10
撮影地:高山上三之町の古い街並み(岐阜県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


飛騨高山上三之町の写真、その第3弾です。

この店、駄菓子から「とちの実せんべい」のような土地の銘菓、さらには漬物までさまざまな食品を扱っていて、沢山の客で賑わっていました。
入口左の“赤かぶら”を撮りたくてずっとカメラを構えて待っていたのですが、その間もひっきりなしに人が出入りしていました。この写真、実は人の流れが途切れたほんの数秒の間に撮影したもので、逆に撮影するまでにはかなり時間がかかりました(笑)

高山の街は、その佇まいから「飛騨の小京都」と呼ばれています。かつての商人町である「さんまち」は飛騨の匠の技になる町家建築が軒を連ね、城下町の面影をいまも色濃く残しています。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

PageTop

飛騨高山 上三之町 その2-和紙民芸店と酒蔵

撮影日:2007/02/10
撮影地:高山上三之町の古い街並み(岐阜県)
別ウィンドウで写真を拡大(480×640ピクセル)


今日の写真も、飛騨高山上三之町の街並みです。

手前の和紙民芸店の看板、とてもいい味だしてますね。建物全体が黒ずんでいるだけに、この白くて骰子を積んだかのような看板はとても目につきました。
その奥に見えるのは酒蔵です。高山の街は美味しい水に恵まれているためこうした小規模の酒蔵があちこちにあるのです。そして、酒蔵の前には杉玉が吊るされているのですぐにそれと判ります。この杉玉のお話は、またのちほど...。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

PageTop

飛騨高山 上三之町 その1-古い街並み

撮影日:2007/02/10
撮影地:高山上三之町の古い街並み(岐阜県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


飛騨・北陸方面に行ってきました。本日よりしばらくの間は、今回の旅で出会った風景の写真を掲載していきたいと思います。

最初の何枚かは、飛騨高山上三之町の街並みです。
高山は、京都や金沢など並んで私の好きな古い街並みの残る素晴らしいところです。特にこの上三之町は通り一本ずっと昔ながらの建物が立ち並んでいて、歩いているだけで楽しくなってしまう、そんな風情あるところです。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

PageTop

阿寒湖と雄阿寒岳

撮影日:2006/02/25
撮影地:阿寒湖(北海道)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


本日も湖の写真です。

阿寒湖。比較的水深が浅い(平均水深17.8メートル)この湖は、冬になると厚い氷に覆われてしまいます。
この時期はずっと阿寒湖氷上フェスティバルが開催されていて(通常、1月後半から3月一杯くらいまで)、夜には花火が打ち上げられたり、さまざまなイベントが開催されたりして賑わうそうですが、昼間はそこまで人も集まってはおらず結構静かでした。
湖上からは雄阿寒岳が雪を戴いて聳えるのがくっきりと見え、これも山好きの私には嬉しいことでした。

ところで、阿寒湖まりもで有名ですが、この分厚い氷の下でまりもはどのように冬を越しているのでしょうか?



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

PageTop

摩周湖

撮影日:2006/02/25
撮影地:摩周湖(北海道)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


言わずとしれた摩周湖。摩周第一展望台からの眺めです。

摩周湖は不凍湖としてしられあまり凍結する事はないそうなのですが、この日は見事なまでに(笑)凍っていました。氷結した湖面には、無数に小規模ながらも御神渡りの跡がみられます。
湖面が氷結しないと周囲のダケカンバの木に霧氷が見られたりもするようなのですが、残念ながらそれを見ることは叶いませんでした。でも、その代わりに素晴らしく晴れ渡った摩周湖の全景と奥に聳える斜里岳の姿までをはっきりと認めることができました。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

PageTop

川湯硫黄山

撮影日:2006/02/25
撮影地:川湯硫黄山(北海道)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


川湯硫黄山です。いまなお火山活動している山で、あたりには硫黄の臭いが漂っています。
硫黄山は、アイヌ語でアトサヌプリ(裸の山)といわれます。その名の通り、噴煙を上げている部分は、いつも丸裸の山肌を見せています。
まだ比較的新しい山で、屈斜路カルデラのほぼ中央に約1,700年前に噴出した中央火口丘のひとつです。
標高は521メートル、今からおよそ600年前に現在の姿になったといわれ、山頂の熊落しと言われる深い谷は、約300年前、最後の爆発でできたといわれています。

冬の雪に覆われた山肌とこの日の抜けるような青空とのコントラストがとても綺麗でした。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

PageTop

濤沸湖のハクチョウ

撮影日:2006/02/24
撮影地:濤沸湖(北海道)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


網走の近くの国道沿いにある濤沸湖(とうふつこ)。2005年にはラムサール条約の登録湿地に選定されました。
冬は多くのハクチョウが渡ってくることから“ハクチョウの湖”としてもしられています。
水深が平均1.1メートル、最深2.5メートルと大変浅い湖なのですが、それでも不思議と凍ってはいませんでした。

湖岸の白鳥公園にある売店で売られている餌をやると、たくさんのハクチョウたちがそばまで寄ってきます。岸はそんな風に餌をやっているたくさんの人たちで賑わっていました。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

PageTop

オシンコシンの滝

撮影日:2006/02/24
撮影地:知床オシンコシンの滝(北海道)
別ウィンドウで写真を拡大(480×640ピクセル)


ウトロ市街から7キロほどのオシンコシンの滝です。

(以下、案内板より)オシンコシンの滝は、高さおよそ80m、滝の流れが2本になっていることから別名「双美の滝」ともいわれている。流れ落ちる水は、チャラッセ・ナイ(アイヌ語ですべり落ちる川)、名前の由来は、アイヌ語のオシュンク・ウシ(そこにエゾマツの群生する所)と言われ、源は遠音別岳の中腹にあります。
滝の水量は豊富で、下方からも上方からも容易に眺望できるのは、全国でもまれである。
四季折々の姿もそれぞれ趣があり、特に冬にはオホーツクを埋めつくす流氷と共に、この滝も凍り春まで冬眠に入る。
平成2年 日本の滝百選に選定される。

ちなみに、滝は凍ってはおらず夏と同じくらいに激しい音をたてて流れ落ちていました...。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

PageTop

ペレケ湾の流氷

撮影日:2006/02/24
撮影地:知床ペレケ湾よりウトロの街を望む(北海道)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


スノーシューを履いての雪上ウォーキングの次は、ドライスーツを着込んで流氷ウォークに挑戦しました。場所はペレケ湾、ウトロ周辺のオホーツク海です。
この日は結構波があって、ときたま氷山どうしが“ゴーン”という大きな音を立てて衝突するのが聞こえました。そんな中、海岸に押し寄せた流氷がそのままくっついて固まったところをずっと沖の方まで歩いていきました。もちろん、水面にプカプカと浮かぶ2畳ほどの広さの流氷の上にも跳びうつったりもできて、この流氷ウォークを思う存分満喫できました。

シベリアのおもにアムール河周辺からやってくる流氷は、この北海道道東地方の沿岸辺りがその南限となります。
流氷には肥沃な土壌から沁み出したり河が貯めこんだりした栄養分がたっぷりと封じ込められています。それらがシベリアからの長い旅の間に少しずつ海水に溶け出してきて、その結果この凍てついた北国の海を魚たちが集まる豊かなものとしていくのだそうです。流氷は、まさにオホーツク海の恵みなのですね。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

PageTop

フレペの滝

撮影日:2006/02/24
撮影地:知床フレペの滝(北海道)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


フレペの滝。夏場は地下水が噴き出して幾筋にもなって流れ落ちいかにも別名の「乙女の涙」そのものといった感じなのですが、冬になると周囲をすっかりと雪に覆われてしまいます。それでも、その姿が夏とはまた違った美しさを醸し出しています。
また、遠くに連なる知床の山々も青い空にくっきり白く浮かび上がっていて、その美しい風景にアクセントを添えています。

もっとも、この日は天気が良かったからこそそんな悠長な事を言っていられるのかもしれません。
実際、吹雪の日のこの辺りの写真を見たことがありますが、それを見た限りでは凍てつくような寒空のもと一面真っ白な世界が広がっているといった感じでした。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

PageTop

ウトロ灯台

撮影日:2006/02/24
撮影地:知床フレペの滝展望台よりウトロ灯台を望む(北海道)
別ウィンドウで写真を拡大(480×640ピクセル)


ウトロ灯台は、 フレペの滝展望台の対岸の断崖に立っていて、ここからはフレペの滝や、その後方に広がる知床連山、さらにはオホーツク海までをも一望のもとに眺めることができます。
夏場は緑に囲まれた灯台の周りも、冬はこのとおり葉の落ちた木々と雪とに覆われています。

この日は、北国の冬の真っ只中にしては珍しいくらいに空は晴れ渡り、また冷たい風も吹いてはおらず、気持ちよいながらも往復1時間ちょっとの雪上トレッキングでかえって身体が火照って汗をかいてしまったくらいでした(笑)



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

PageTop

知床連山

撮影日:2006/02/24
撮影地:知床/フレペの滝付近(北海道)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


今日の写真も、フレペの滝への雪上トレッキングのときのものです。

林を抜けてから更にしばらく歩くと、やがて知床連山が姿を現します。左から硫黄山、知円別岳、南岳、オッカバケ岳、サシルイ岳、三ツ峰、羅臼岳。どれも頂上までスッポリと雪に覆われていました。

羅臼岳には前年の8月に登っていましたし、ここへも二度訪れていたのですが、夏とはまた違った風景がとても印象的でした。少ない餌を求めてなのでしょうか、比較的雪が降り積もっていない辺りにエゾジカが沢山集まっていて、バックの知床連山の連なりと相まってとても絵になっていました。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

PageTop

雪の上に残るキタキツネの足跡

撮影日:2006/02/24
撮影地:知床知床自然センター付近(北海道)
別ウィンドウで写真を拡大(480×640ピクセル)


知床自然センターの裏手からフレペの滝まではほど良い距離の遊歩道が続いています。当然ながら冬は雪が降り積もっていて遊歩道もすっかり覆われてしまっているので、靴の上にスノーシュー(西洋かんじき)を装着して雪上散歩を楽しむということになります。

知床自然センターからしばらくの間は林の中軽い下り勾配を進んでいきます。雪の上には動物たちの残した痕跡が随所にみられ、そんな中でもキタキツネとエゾジカとは冬でも活発に活動しているため多くのしるしを残しています。
今回の写真は、そんな中のひとつであるキタキツネの足跡。小さな足跡が林の奥へと続いていますが、その跡を残した本人は夜行性で日中はあまり姿を見せません。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

PageTop

知床オーロラファンタジー

撮影日:2006/02/23
撮影地:知床/ウトロのオロンコ岩と三角岩の間の特設開場にて(北海道)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


知床オーロラファンタジー。1958年(昭和33年)に知床の夜空に現れたオーロラを再現しようという試みからうまれたイベントで、オロンコ岩付近で海をバックに麦藁を焚いて張った煙幕にレーザー光線を当て、それにダイナミックな音響を加えてひとつのストーリーを見せてくれるというものです。

余談ながら、やはり締めの音楽はテレビ番組「世界遺産」のテーマ曲でした(笑)



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

PageTop