1枚の写真

写真ブログ。気の向くままに撮った風景など...。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

狩宿の下馬桜

撮影日:2017/04/19
撮影地:狩宿の下馬桜(静岡県富士宮市)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


日本五大桜(※)のひとつ、狩宿の下馬桜。樹齢800年を超えるといわれ日本最古のヤマザクラとしてしられます。
の名所・吉野のものと同じアカメシロヤマザクラで白い花が咲くのと同時に赤い芽が出ることから、遠目にはそれらが合わさって淡いピンク色に見えるのです。

実は、16日に富士山麓の浅間神社巡りをした際に一度この狩宿の下馬桜にも立ち寄ってみたのですが、まだ三分咲き程度の状態でした。富士宮市によるとその2日後の18日に満開となったとの事でしたので、翌19日に再度見に訪れてみることにしました。結果は満開ではあったものの暑い日が2日続いたこともあってか落花も盛んで、風が吹くたびに花吹雪が舞っているのが却ってなかなかに趣きがありました。
また、この日は3日前の訪問時以上に富士山がくっきりと見えていましたので、前もって考えていた「狩宿の下馬桜と菜の花越しの富士山」という構図で撮影してみることにしました。


<案内板より>
狩 宿 の 下 馬 桜
国 指 定 特別天然記念物
指定年月日 昭和二十七年三月二十九日

 この地は「狩宿」といわれ、建久四年(一一九三年)源頼朝が、富士の巻狩の際に陣屋を設けた所と伝えられる。頼朝の本陣(宿所)は井出館におかれ当時の館は、現在の井出家の北東側にあった。
 「狩宿の下馬桜」は、別名「駒止めの桜」と呼ばれ、頼朝が桜の枝に馬をつないだと伝えられる。
 この桜は赤芽のシロヤマザクラで、花序四・五センチメートル、花径三センチメートル。開花時時期は四月十日から二十日頃である。
 かつては、目通り八.五メートル、枝張り東西二十二メートル、南北十六メートルの巨木であったが、たびかさなる台風等により損傷し、往時の雄姿はしのばれない。しかし、近年若芽の成長により樹勢を盛り返している。

  あはれその
    駒のみならず見る人の
      心をつなぐ山桜かな
             徳川十五代将軍 慶喜詠


*   *   *

※日本五大桜(うち上の3つが三大桜)の写真がすべて揃いました。

山高 神代桜
 
・【特別企画】山高神代桜

根尾谷 淡墨桜
 
・根尾谷の淡墨桜

三春 滝桜
 
・三春滝桜 その1
・三春滝桜 その2
・三春滝桜 その3
・【特別企画】三春滝桜
・満開の三春滝桜を見てきました。

狩宿 下馬桜
 
・狩宿の下馬桜

石戸 蒲桜
 
・石戸蒲ザクラ



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ

PageTop

吉高の大桜

撮影日:2017/04/15
撮影地:吉高の大桜(千葉県印西市)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


千葉県内では数少ない一本の名木としてしられる吉高の大桜。畑の一角に佇んで小山のようなドーム型の美しい姿を見せるヤマザクラの古木です。
こちらのヤマザクラはソメイヨシノよりも1週間から10日ほど遅れて見頃を迎えます。花自体の色は白くて同時に赤い若葉が出ることから、離れたところから眺めると薄ピンク色に染まったように見えるのです。その点も含めの名所として有名な奈良県吉野のシロヤマザクラとよく似ています。

この吉高の大桜は、開花期間が大変短く満開の状態は2~3日しか続かないという何気に気難しいなのですが、昨日満開を迎えたとの情報を得て「夕刻の強い陽の光に照り映える姿を見たい」とちょっと遅めの日の傾く時刻に合わせていってみることにしました。


<案内板より>
印西市指定天然記念物
吉 高 の 大 ザ ク ラ
指 定 昭和五十六年十月十五日
所在地 印西市吉高九三〇番地
所有者 須藤家(屋号 文左衛門)

 本樹の樹種はヤマザクラで、樹齢は三百年以上と推定されます。
 樹木の形状は、株立状の独立木で、根回り周囲六・六五m、樹高十一・七m、枝張最大幅二十四・五mあります。花期は四月中旬から下旬で、ソメイヨシノよりは遅れます。
 根元周囲は、所有者須藤家の祭祀場(氏神)として周辺より一mほど小高く塚状に盛土されており良好な環境条件に恵まれて樹勢を拡大してきました。
 今後も良好な樹勢を保てるよう皆様のご協力をお願いいたします。

平成十一年二月
印西市教育委員会



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ

PageTop

般若院の枝垂桜

撮影日:2017/04/05
撮影地:般若院枝垂桜(茨城県龍ケ崎市)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


東京では例年より早く先月21日に開花宣言を迎えたソメイヨシノも、その後は気温の低い日が続いたこともあって開花がなかなか進まないといった感じでした。
一転きょうは1日中天気が良く気温も上がったので、都内の花見の名所各地でようやく一気に開花が進んだ模様です。

ソメイヨシノよりも少し早くに咲くことが多いヒガンザクラ系のも今年はどれも開花が遅いようですが、そんな中で茨城県龍ケ崎市の般若院枝垂桜が昨日満開を迎えたとのことでしたので、早速見にいってきました。
実はこの、2010年に一眼レフカメラでの撮影を始めた際に本格的な被写体として一番最初に撮ったものでした。でも、天気が曇天で薄暗かったのと、花も散り始めて一部葉が出始めた頃だったのとで、そのとき撮影した写真はすべてお蔵入りにしてしまったのでした。

今回は実に7年ぶりの撮影となったわけですが、上品な薄桃色の花も満開で枝の先には程よく蕾を残した状態、よく晴れて風もなく天気も申し分ない状況...と最高のコンディションで臨むことができました。


<案内板より>
般若院の枝垂れ

このシダレザクラ(枝垂れ)は、エドヒガン(江戸彼岸)の園芸品種で、しだれ性を持っている。
樹齢は、推定四百年といわれており樹高約十メートル、目通り幹囲約五メートル、枝張り東西約十五メートル、南北約二十二メートルで、枝垂れ桜の巨樹、老樹として県指定を受けたもので、開花時には美観を呈しており、毎年開花時には大勢の花見客が訪れ賑わいを見せている。

種   別 天然記念物 県指定文化財
指定年月日 昭和二十八年七月九日
所 在 地 龍ケ崎市根町三三四一番地
管 理 者 金剛山観仏寺般若院

龍ケ崎市観光協会



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ

PageTop

【特別企画】巾着田の曼珠沙華 2016

撮影日:2016/09/25
撮影地:巾着田(埼玉県日高市)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


今年も先月25日に巾着田で撮った曼珠沙華の写真を一挙公開いたします。
今回はちょっとピン甘の写真もあったりしていまひとつといった感もあったのですが、そんな中から良さそうなものを20枚ほど選んでみました。
それでは、「特別企画・巾着田曼珠沙華 2016」をどうぞ。

※2015年の「特別企画・巾着田曼珠沙華」はこちら



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ

PageTop

彼岸花 色いろいろ

撮影日:2016/09/25
撮影地:巾着田近くの民家(埼玉県日高市)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


巾着田の中にあったのは赤と白の彼岸花でしたが、帰りに近隣の民家の庭に赤と白以外にもピンク色と黄色の彼岸花が咲いていました。
ピンク色は赤と白との間の色ということでなんとなく想像の範囲内ではあるのですが、黄色い彼岸花というのはとても珍しく思われたので、撮影させていただきました。

以前見たことのある黄花藤は、厳密にいうと金鎖(キングサリ, 英名:Golden chain, 学名:Laburnum=キングサリ属/ラブルヌム属)という藤(ウィステリア(Wisteria, フジ属の学名))とは別の種でした。 ※画像はこちら
調べてみたところ、この黄色い彼岸花も「鐘馗水仙(ショウキズイセン, 学名:Lycoris traubii)」という別の名がついており、こちらは彼岸花(学名:Lycoris radiata)の近縁種なのだそうです。球根でのみ育つ彼岸花とは異なりこの鐘馗水仙は結実するそうです。
彼岸花と同様に中国原産の花のようですが、通常は九州から南西諸島(奄美や沖縄など)、それに台湾といった主として南の地域に分布しているのだそうです。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ

PageTop

今年も巾着田にいってきました。

撮影日:2016/09/25
撮影地:巾着田(埼玉県日高市)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


今年も埼玉県日高市高麗郷巾着田曼珠沙華彼岸花)を見にいってきました。

今回は早咲きの上流地点などでは既に花が終わりかけてしまっているものなども一部見られたものの、前日まで数日間続けて降った雨の雫が花びらの上に載ったままのものなどもあったりして、昨年とはまた違った趣きの花々を楽しむことができました。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ

PageTop

ニホンカモシカ

撮影日:2016/08/01
撮影地:長野県道75号線(長野県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


長野県駒ヶ根の市街地から中央アルプス駒ヶ岳ロープウェイのしらび平駅まで続く県道75号線沿いで、道路わきに国の特別天然記念物のニホンカモシカが姿を現しました。
この道路のすぐ下を流れる沢にはかもしかの滝という名の滝もあるようですので、あるいは昔からニホンカモシカが棲息しているのかもしれません。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ

PageTop

アサギマダラ

撮影日:2016/08/07
撮影地:富士山 泉ヶ滝付近(山梨県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


長い距離を旅することでしられる大型の蝶、アサギマダラ(浅葱斑)。河口湖口五合目と吉田口六合目の中間地点となる泉ヶ滝のそばでキオン(黄苑)の花に止まっていました。
結構珍しい蝶々なので、まさか富士山の登山道の中でもこんなにも人通りの多い場所で出会うことになろうとは思いませんでした。

時折花から花へと飛び移っていましたが、その姿がまたふわりふわりと漂うような感じでゆったりと舞い...。とても1,000キロ以上もの距離を移動する蝶とは思えないほどでした。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ

PageTop

ヒメウスユキソウ

撮影日:2016/08/01
撮影地:千畳敷カール 八丁坂(長野県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


ヨーロッパアルプスを象徴するエーデルワイスの仲間で中央アルプスのみで見られるヒメウスユキソウ(姫薄雪草)は、木曽駒ヶ岳周辺で多く見られることから別名コマウスユキソウ(駒薄雪草)とも呼ばれます。
頭花の数も1から3個と少なめで、頭花を囲む苞葉も短く、全体の直径は2センチほど。その名の通り他のウスユキソウの仲間よりもかなり小振りです。

木曽駒ヶ岳山頂付近の群生地は有名ですが、それ以外にも千畳敷カールから稜線の乗越浄土へと上がる八丁坂の途中の岩場に結構な数が咲いているのですがここを通る登山者は多いものの案外と気づく人は少ないようです。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ

PageTop

イワタバコ

撮影日:2016/06/17
撮影地:東慶寺(神奈川県鎌倉市)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


実は、今回の北鎌倉散策で紫陽花とともに見るのを楽しみにしていたのが東慶寺イワタバコ(岩煙草)。葉っぱがタバコと似ていることからこの名がついていますが、もちろんタバコとは別種。湿った岩壁に着生し紫色の綺麗な花を咲かせます。

しかし残念ながら今年は花が咲くのが早かったようで、ほとんどが終わってしまっていました(泣) 僅かに咲き残っていた中から、比較的綺麗なものを写真に撮るに留めました...。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。