1枚の写真

写真ブログ。気の向くままに撮った風景など...。

富士登山 お鉢巡り

撮影日:2019/08/18
撮影地:富士山頂(山梨県、静岡県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


富士山頂の巨大な火口、大内院のことを通常は「お鉢」と呼びならわしていますが、これには元々仏教的な由来があります。
富士山の頂上には直径600メートル、深さ220メートルにも及ぶ噴火口(大内院)がポッカリと口を開けていますが、これを取り囲むように八つとも九つともいわれる外輪山があって八峰などと称されました。仏教信仰が盛んであった江戸時代以前の富士山信仰においてはこれらを極楽の蓮の八枚の花弁に譬えてそれぞれに仏の名を冠したのです。釈迦、薬師、大日、阿弥陀、勢至、文殊...といった具合に。そして、これらを順に巡ってお参りすることを「八葉巡り」、あるいは「お八巡り」と言ったのを、大内院の形が擂り鉢に似ていることに掛けて次第に「お鉢巡り」と書き表わされるようになったのだとか。

昔ほど宗教的意義が強くはなくなった現在でも富士山の大内院を一周するお鉢巡りは盛んで、多くの人々がこの富士山頂一周を思い思いに楽しんでいるようです。
ちなみに、古来お鉢巡りは時計回りに巡るものとされてきました。これは宗教的な意味合いからとも、最高峰剣ヶ峰からの下りに馬ノ背の急斜面を通ることを避けるよう配慮したためなどともいわれますが、現在では特にそういった決まりごとは設けられていません。実際に私もどちら周りでお鉢巡りしたこともあります。

上に掲げた写真は須走口山頂の久須志神社前へ出るときに潜る須走ルート(吉田ルート)最後の鳥居です。「つづきを表示」で須走口山頂の久須志神社前から時計回りにお鉢巡りをご案内しましょう。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ

PageTop

富士登山 2019 朝の風景

撮影日:2019/08/18
撮影地:富士山 須走口山頂(山梨県、静岡県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


今年の富士登山での朝の風景です。
吉田ルートの山頂(本八合目で須走ルートと合流するので、通常は「須走口山頂」と呼ばれています)の久須志神社下の鳥居越しに黎明の陽の光に染まる雲が実に神々しかったです。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ

PageTop

富士登山 2019

撮影日:2019/08/18
撮影地:富士山 須走口山頂直下(山梨県、静岡県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


夏の恒例行事となっている富士登山。今年もいってきました。

今年は実に3年振りで富士山からの8回目の御来光を拝むことができました。ただし、渋滞に巻き込まれてしまいやむなく須走(・吉田)口山頂まであと100メートルあまりという山頂直下の登山道を逸れた岩場からでした...。まあ、標高差でいえば数十メートルの差でしょうから山頂のものと大差無いと言っても良いのかなとも思います。
※参考記事「ふと思ったけど、富士山での御来光って...」はこちら

今回は2年前(2017年)と同じく吉田ルートを往復してきました。往路は吉田口登山道の五合目(※)経由でちょっと寄り道しています。(※富士スバルライン終点の河口湖口五合目とは別の場所です)
実は、当初は下山に富士宮ルートもしくはプリンスルート(=御殿場ルート、宝永第一火口経由で富士宮口新五合目まで)を採るつもりでいたのですが、金剛杖の焼印を押すスペースが無くなってしまったために取りやめたのでした。というのも、吉田口六合目(といっても五合目佐藤小屋のすぐ上なのですが...)の里見平・星観荘さんで古の吉田口登山道の馬返し、一合目、二合目、三合目、四合目の金剛杖の焼印を頂けるようになった事を知って佐藤小屋さんの下にそれらを押していただき、その上には六合目の星観荘さんの焼印を、さらには山頂2神社(浅間大社奥宮と久須志神社)と五合目・小御嶽神社の刻印のすぐ下の位置には吉田(・須走)口山頂に鎮座する久須志神社の御朱印や金剛杖の刻印、木札等でお馴染みのフレーズ「六根清浄」と「富士山吉田口」のふたつの焼印を、ということで占めて8個の焼印を頂いたからなのでした。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ

PageTop

常念岳・蝶ヶ岳山行の写真

撮影日:2019/08/06
撮影地:常念岳山頂直下にて 槍穂高連峰を望む(長野県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


常念岳蝶ヶ岳山行で撮影した写真の一挙公開です。どうぞおつきあいください。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ

PageTop

常念岳~蝶ヶ岳を縦走してきました。

撮影日:2019/08/06
撮影地:常念岳山頂(長野県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


長い間お休みしていた本ブログも、久方ぶりの更新となります。

夏季休暇を取って、北アルプスの常念岳蝶ヶ岳を縦走してきました。
1日目は一ノ沢登山口から常念乗越へ、2日目は常念岳から蝶ヶ岳への稜線歩き、そして3日目に長塀尾根経由で徳沢、上高地へと下山しました。
実は、常念岳は前々から登りたいと思っていた山でしたがなかなかその機会が得られず、思い立ってから実に10年越しの登頂実現となりました。それだけに思い入れも深かったのですが、今回なによりも天気に恵まれて素晴らしい眺望の中で山歩きを楽しめました。
正直なところ久しぶりの縦走登山で身体に応えましたが、素晴らしい眺め、美しい花々、そしてライチョウとの出会いなど、思う存分に満喫できた3日間の山旅でした。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ

PageTop

富士山頂で今回感じた事など

撮影日:2018/08/11
撮影地:富士浅間大社奥宮(静岡県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


今年の富士登山において山頂でふと感じた事がいくつかありましたので、以下に記していきたいと思います。

※   ※   ※

○山頂のふたつの神社について
富士山頂に鎮座するふたつの神社「浅間大社奥宮」と「久須志神社」の神職の方々に、いままでお見掛けすることのなかった新しい方が多くいらしたような気がします。特に若手の方が増えて全体的に人数も多くなったように感じました。


以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ

PageTop

富士登山 2018

撮影日:2018/08/11
撮影地:富士宮口山頂より剣ヶ峰を望む(静岡県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


今年は諸般の事情により休日に予定が入ってしまうことが多く、なかなか思うように出掛けられない状況が続いています。新しい写真を撮影する機会もなく、当ブログの更新も2ヶ月振りとなってしましました(汗)

そんな中、今年も富士山に登ってきました。
いまでは富士登山もすっかり年中行事のようになってしまいましたが、直近5年は下記のルートで登っています。

・2013 吉田ルート(馬返し~山頂) ※下山は御殿場ルート
・2014 御殿場ルート ※下山は富士宮ルート~六合目~御殿庭~旧須山口登山道の一部~双子山の間~御殿場口新五合目
・2015 須走ルート ※下山はプリンスルート(御殿場ルート~宝永第一火口~富士宮ルート)
・2016 吉田ルート往復 ※河口湖口五合目起点
・2017 吉田ルート往復 ※河口湖口五合目起点だが、往路吉田口五合目経由

そこで今年は、2012年に登りで利用して以来実に6年振りとなる富士宮ルートを登ることにしました。
※下山はプリンスルート(御殿場ルート~宝永第一火口~富士宮ルート)

10日朝にマイカーで自宅を出発したものの、渋滞にハマってしまい水ヶ塚駐車場に着いて富士宮口新五合目行きのシャトルバスに乗れたのが17時でした。18時から登山を開始したものの、富士宮口新五合目を出た頃には辺りは土砂降りの雨でちょっと気持ちが折れてしまいそうでした(苦笑) その上長時間の渋滞の中での運転で相当疲労が溜まっていたため、この日は新七合目の御来光山荘さんにお世話になることにしました。

翌11日の山の日は打って変わって好天に恵まれ、山頂に到着した後の昼過ぎにガスが湧き出すまでは適度に風の吹く中気温も10度前後という良いコンディションで富士登山を楽しむことができました。


以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ

PageTop

富士山頂でイル・フェ・ボ!

撮影日:2017/07/30
撮影地:富士山 剣ヶ峰(静岡県、山梨県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


富士山頂を御鉢巡りする時、最初は曇っていたりガスっていたりで天気が良くない...なんて事があったりします。そしてそんな時でも途中で天気が回復してきたりするものです。実は、今回もそんな感じでした。

今回の富士登山では吉田口・須走口山頂の久須志神社前で※さんと11時に会う待ち合わせをしていたため(しかも実際に会うことが出来たのは12時半でした....)、4時半過ぎに吉田口山頂に到着してからというもの時間がたっぷりと有り余っていました(笑)
そこで、通常の時計回りの方向に御鉢巡りを開始したのですが、途中の富士宮口の山頂郵便局で何枚も葉書を書いて出したり、浅間大社奥社でいただける御朱印帳に収まる大きさの印をすべて頂いたり(...これは久須志神社にしかない印も後ほど頂けたので、おかげさまで“コンプリート”しました!)しながら、ゆっくりと回ることになりました。
そんな間に、初めはガスも多くて御鉢の全容さえ見えなかった富士山頂も次第に晴れてきて、久須志神社前に戻ってきた頃には天気もすっかりと晴れてしまいました(Il fait beau!)。

今回の写真は山頂の外輪山中の最高峰、剣ヶ峰(3,776メートル)の中で最も高い岩。これぞ正真正銘「日本一高い場所」という事になります。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ

PageTop

富士山頂でランデ・ヴ

撮影日:2017/07/30
撮影地:富士山 須走口・吉田口山頂の久須志神社=今回の待ち合わせ場所(静岡県、山梨県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


富士山頂でランデ・ヴ」だなんて、なんだかフザケタようなタイトルですかねぇ (^^;
「ランデ・ヴ(Rendez-Vous)」とは言っても、原義どおりのただの「待ち合わせ」であって、「逢ひ引き」とか「デート」とかそんな洒落たシロモンではありませんでしたが...(笑)

実は、以前同僚だった※さんが「埼玉県某市から富士山頂までを歩く」というウォーキング企画に参加しており、29~30日はその最終回の富士登山(※富士急富士山駅~馬返し~五合目佐藤小屋/佐藤小屋~吉田ルート山頂~スバルライン五合目へ下山)でした。
そこで、それに合わせて私も富士山に登り「※さんが登ってくる吉田ルートの山頂(久須志神社前)で落ち合おう」というかつてない壮大な待ち合わせ(日本一の待ち合わせ?)となったのでした。

気になる結果ですが、おかげさまでなんとか無事に「富士山頂 ランデ・ヴ」を果たすことができました!
実は、それに至るまでにはいろいろとハプニングも発生していたようで、昨日(7/29)現地では午後から大雨&雷雨で大変な状況だったのですが、そのために※さんの企画の方は吉田口登山道の馬返しから五合目まで登るはずだった予定を30分くらい上がったところ(一合目の鈴原社辺り?)で危険と判断して中止し、馬返しまで下ってからタクシーで富士山駅へ逆戻りしてそこから路線バスでスバルライン五合目まで上がったのだそうです。ちなみに、私はその時いくつもの小屋が続く七合目の岩場を登っていました(爆)

帰りに乗車する高速バスの時間が私の方が1時間早かったため、※さんとは山頂で別れ先に下山しました。ですので、実際に※さんと一緒にいられたのはほんの25分間くらいでした。でも、初めての富士登山を苦しいながらも達成した※さんは、山頂手前の鳥居を潜ったときにとてもいい顔をしていました。

※さん、おつかれさまでした!



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ

PageTop

鳳凰三山を歩いてきました。

撮影日:2017/07/16
撮影地:鳳凰三山(右手前が薬師岳、左が最高峰の観音岳)(山梨県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


15日から16日かけて南アルプス鳳凰三山を歩いてきました。
14日には稜線ほかで結構な土砂降りだったそうですが、幸いにもこの2日間は比較的天候にも恵まれて気持ちの良い山歩きを楽しめました。...そうは言いつつも、夜叉神峠からのダラダラと長い登りと、帰りの広河原までの下りとは結構歩き応えもありましたので、日頃運動不足の身には結構しんどかったです(苦笑)

稜線歩きの2日目は空気も澄んでいて、特に朝早いうちには南アルプスの山々やその向こうの中央アルプス、八ヶ岳や富士山などがくっきりと見えて好展望に恵まれました。それと今回ぜひとも見たいと思っていた鳳凰三山の稜線に咲く赤いタカネビランジ(※実際にはピンク色)の花にも出会えました。
また、今回の山旅では奈良からいらしていた素敵なご家族3人連れや、偶然お話する機会を得た北沢峠の長衛小屋のスタッフの方といった良い出会いにも恵まれました。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ

PageTop