1枚の写真

写真ブログ。気の向くままに撮った風景など...。

初日の出 2018

撮影日:2018/01/01
君ヶ浜より犬吠埼(千葉県銚子市)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


新年おめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

地軸の傾きの関係で本土の平地ではもっとも早く初日の出を拝むことのできる犬吠埼 。2018年の「1枚の写真」第一弾は、この犬吠埼 からの2018年初日の出の写真を掲載したいと思います。
※上の文章、実は2008年のパクリです(笑)

日の出予定時刻は6時46分だったのですが、今年も海のすぐ上に雲が立ちこめており太陽がなかなか姿を現わしませんでした。この写真の日の出も19分経った7時5分に撮影したものです。


【1/8 追記】
5メートルくらい右でビデオ撮影されていた(と思われる)方のものらしき動画がYouTubeにアップされていました。
2018 犬吠埼 初日の出 ※別画面で開きます



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ

PageTop

穂高の風景3(未掲載在庫より)

撮影日:2010/10/12
撮影地:前穂高岳山頂(長野県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


2010年には2度穂高岳を歩きました。
7月の槍穂高縦走は3泊4日の単独行で、槍平経由で槍ヶ岳に登った後は南岳から大キレットを越えて北穂、涸沢岳、奥穂を経由し西穂までのロングコースを歩きました。
一方、10月は父と一緒の山旅でした。上高地から横尾経由の涸沢カール泊で最高に美しい山岳紅葉を堪能し、ザイテングラートを登って稜線の小屋でもう1泊。3日目には奥穂から吊尾根を経て前穂、岳沢経由(=重太郎新道)で上高地まで下りました。
この年の2度の穂高山行で唯一ルート上で被っているのは、実は「白出(しらだし)のコルに建つ穂高岳山荘から奥穂高岳山頂まで」の距離にして450メートルあまり、標高差200メートル弱のほんのちょっとの区間のみ。つまりたった2度の山行にして穂高歩きを思う存分に味わえた年だったのです。

今回の1枚は、2010年10月の穂高行きの際に前穂高岳の山頂から穂高連峰の主稜線を撮影したものです。
この時は、前穂の山頂から望まれる奥穂西穂間の嶮しい稜線を、そこが7月の槍穂高縦走のクライマックスとなった場所であっただけにじっくりと撮影したいという気持ちもあった反面、紀美子平に父を待たせていた為そうのんびりもしていられず、少々せわしなかったように記憶しています。

※その時の山行で出会った涸沢カールの素晴らしい山岳紅葉の記事「【特別企画】錦繍の涸沢 2010」はこちら



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ

PageTop

穂高の風景2(未掲載在庫より)

撮影日:2010/07/20
撮影地:ジャンダルムを間近に望む(長野県、岐阜県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


今回も在庫から...。

2010年の槍穂高縦走のクライマックスとなった奥穂から西穂への途上、ジャンダルムを間近にして撮った1枚です。
このあと無事にジャンダルムに登頂、もちろん独り占めでした♪
(いまやこんな無茶ができる体力は無いと思います...)

※その時の記事「【特別企画】奥穂高岳からジャンダルムまで~槍穂縦走蔵出し 第3弾の1」はこちら



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ

PageTop

穂高の風景(未掲載在庫より)

撮影日:2012/10/08
撮影地:屏風ノ頭(長野県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


最近は更新を怠っていたので、取り敢えず在庫から...。

大好きな穂高連峰の中ではちょっと寄り道っぽい感もある屏風パノラマコースとその終点の屏風ノ頭。秋真っ盛りのとある日に、つい先ほど...10数分前までいた屏風ノ耳の方を振り返って撮った1枚です。
ちなみに、この時は屏風ノ頭を独り占めでした♪

※その時の記事「【番外編】久々に穂高を歩いてきました。」はこちら



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ

PageTop

袋田の滝 紅葉2017

撮影日:2017/11/09
撮影地:袋田の滝(茨城県久慈郡大子町)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


4年ぶりで袋田の滝にいってきました。

やっぱりこの滝は秋の紅葉シーズンが美しいですね。
紅葉もちょうど見頃でとても美しい景観を堪能できました。また今回は平日だったこともあって観光客も少なかったのもラッキーでした。

(以下、案内板より)
袋田の滝
この滝は別名「四度の滝」ともよばれています
西行法師がこの滝をみて感嘆し「これは四季に一度ずつ来て見なければ真の風趣は極められない」といって季節の移るたびに訪れたと伝えられています

花もみち経緯(ヨコタテ)にして山姫の錦織出す袋田の瀧 西行法師(平安時代の歌僧)



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ

PageTop

鳳凰三山 稜線で出会った風景

撮影日:2017/07/16
撮影地:鳳凰三山(山梨県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


16日に鳳凰三山稜線で出会った風景の一挙公開です。

花崗岩の巨石と白い砂礫にハイマツや灌木類の緑が映える美しい稜線でした。
先へと進むにつれ少しずつ天気は怪しくなってはきたものの、それでも白峰三山や甲斐駒ヶ岳などの峰々は長いことしっかりと見えていました。

それでは、「鳳凰三山 稜線で出会った風景」をどうぞご覧ください。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ

PageTop

観音岳の一番高い岩に腰掛けて...

撮影日:2017/07/16
撮影地:鳳凰三山 観音岳山頂より(山梨県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


鳳凰三山の最高峰・観音岳(標高2,841メートル)の山頂でもっとも高い(と思われる)岩がありました。その上に立って写真を撮るにはちょっと不安定な足場でしたので、腰掛けて撮ることにしました(笑)

鳳凰三山最右翼(?)の地蔵岳オベリスクや、更には雲の湧き上がるその向こうに甲斐駒ヶ岳が顔を覗かせています。
連休中に行った鳳凰三山で撮った写真の中では、たぶん一番アルペン的な雰囲気なんじゃないかと思われる写真です。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ

PageTop

夜叉神峠からの白峰三山

撮影日:2017/07/15
撮影地:夜叉神峠(山梨県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


標高1,380メートルの夜叉神峠(やしゃじんとうげ)登山口から九十九折の登山道を登りきると、1,770メートルの夜叉神峠に辿り着きます。小屋の前から西の方角には白峰三山(北岳、間ノ岳、農鳥岳)の連なるさまが望まれます。

この位置から見える白峰三山はまさに真正面(真横)ですので、これら3,000メートルを超える高峰が横一列に連なる姿を楽しめます。これより先の鳳凰三山に近づくほど北岳の奥に間ノ岳、その奥に農鳥岳...といった感じに三山が重なって見えるようになりますので、これらの峰々を辿っていく縦走路を一望するにはこの夜叉神峠からの景色がなかなか良いかもしれません。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ

PageTop

弥山山頂

撮影日:2017/02/25
撮影地:弥山山頂 二等三角点と山頂の指導票(広島県廿日市市)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


宮島滞在2日目は朝イチで潮の満ちた厳島神社を訪れてから、宮島の最高所で神域とされる弥山(みせん)山頂を目指しました。文字通り海抜ゼロメートルからの登山となりました。

実は、途中の眺めも素晴らしいということでロープウェイを利用するつもりでいたのですが(※ロープウェイ終点から山頂までは30分ほど歩いて登ることとなる)、2月一杯はメンテナンスのため休業しているということをロープウェイ乗り場のすぐ手前で知ることとなり急遽ロープウェイ駅手前の分かれ道を右に入った紅葉谷コースをいくことにしたのでした。
このコースは紅葉谷川の清流に沿って進む3キロメートルちょっとの道のりでしたが、整備がかなりしっかりと行き届いていてとても歩きやすい登山道でした。ただし、若干傾斜が急な箇所もあるため登山経験が少ない方はそれなりに覚悟した方が良いかもしれません。実際に途中で引き返されている方もいらっしゃったようです。

そうしてたどり着いた弥山の山頂(標高535メートル)は、巨大な岩が集まった独特な雰囲気で神域というに相応しい印象を受けました。
最高地点のすぐ前の一段低いところには立派な展望台があって、そこからは鬱蒼と茂った木々の向こうに本州側や反対の瀬戸内海側の風景が一望できました。
この日は土曜日であったため山頂まで登られた方も結構多かったのですが、それでも展望台2階の休憩所は座る場所も結構空いていたのでこちらで持参した携帯食をいただくなどして暫しゆっくりしました。もしもこの日にロープウェイが動いていたらもっと混み合っていたのでしょうから、休業していたのも逆に案外良かったのかもしれません(笑)



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ

PageTop

2017年 初日の出

撮影日:2017/01/01
撮影地:大洗海岸(茨城県東茨城郡大洗町)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


大洗海岸で見た今年の初日の出。神磯の鳥居にたどり着くよりも6分ほど前(7時01分)の撮影です。

今年の元日朝は水平線の上に雲が張りついていたため、一度は雲の切れ目から光が覗いたものの太陽がなかなか現れませんでした。
最終的には、日の出予定時刻の6時49分を12分ほど過ぎてからやっと雲の上に初日の出が姿を現しました。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ

PageTop