1枚の写真

写真ブログ。気の向くままに撮った風景など...。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

佐倉だけに...

撮影日:2018/04/01
撮影地:佐倉城址公園 本丸跡(千葉県佐倉市)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


今年は(ソメイヨシノ)の開花も例年よりかなり早く、東京近辺では3月中には満開となりました。4月4日時点ではもう散ってしまったところも多いのではないでしょうか。

日曜日に花見の名所のひとつ、佐倉城址公園にいってきました。場所によってはかなり散ってしまっていましたが、本丸跡の辺りはちょうどいまが見ごろといった感じで、薄桃色で花づきの良いソメイヨシノ(染井吉野)や真っ白で大振りな花が緑の若芽とともに咲くオオシマザクラ(大島)などがとても綺麗でした。また、マツマエカザンイン(松前花山院)という八重のサトザクラはこれからが見ごろといった感じでした。


以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ

PageTop

高岡にいってきました。

撮影日:2018/02/17
撮影地:高岡大仏(富山県高岡市)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


先日、富山県の高岡にいってきました。

昔バスツアーで訪れて以来、高岡は実に11年ぶり。その時に宿泊した駅前のホテルで朝食が早番の人たちは見にいくことができた高岡大仏も、遅番の私はいくことができませんでした。今回はそのリベンジも兼ねて高岡大仏へ。
与謝野晶子が「鎌倉の大仏さんよりも美男」だと言ったというこの大仏、やっとお顔を拝見することができました(笑)


以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ

PageTop

海ほたるからの富士(未掲載在庫より)

撮影日:2015/12/19
撮影地:海ほたる(千葉県木更津市)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


東京湾アクアライン上にある海ほたるからの富士山。未掲載在庫です。
海越しの富士山の絶景ですね。


以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ

PageTop

初日の出 2018

撮影日:2018/01/01
君ヶ浜より犬吠埼(千葉県銚子市)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


新年おめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

地軸の傾きの関係で本土の平地ではもっとも早く初日の出を拝むことのできる犬吠埼 。2018年の「1枚の写真」第一弾は、この犬吠埼 からの2018年初日の出の写真を掲載したいと思います。
※上の文章、実は2008年のパクリです(笑)

日の出予定時刻は6時46分だったのですが、今年も海のすぐ上に雲が立ちこめており太陽がなかなか姿を現わしませんでした。この写真の日の出も19分経った7時5分に撮影したものです。


【1/8 追記】
5メートルくらい右でビデオ撮影されていた(と思われる)方のものらしき動画がYouTubeにアップされていました。
2018 犬吠埼 初日の出 ※別画面で開きます



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ

PageTop

穂高の風景3(未掲載在庫より)

撮影日:2010/10/12
撮影地:前穂高岳山頂(長野県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


2010年には2度穂高岳を歩きました。
7月の槍穂高縦走は3泊4日の単独行で、槍平経由で槍ヶ岳に登った後は南岳から大キレットを越えて北穂、涸沢岳、奥穂を経由し西穂までのロングコースを歩きました。
一方、10月は父と一緒の山旅でした。上高地から横尾経由の涸沢カール泊で最高に美しい山岳紅葉を堪能し、ザイテングラートを登って稜線の小屋でもう1泊。3日目には奥穂から吊尾根を経て前穂、岳沢経由(=重太郎新道)で上高地まで下りました。
この年の2度の穂高山行で唯一ルート上で被っているのは、実は「白出(しらだし)のコルに建つ穂高岳山荘から奥穂高岳山頂まで」の距離にして450メートルあまり、標高差200メートル弱のほんのちょっとの区間のみ。つまりたった2度の山行にして穂高歩きを思う存分に味わえた年だったのです。

今回の1枚は、2010年10月の穂高行きの際に前穂高岳の山頂から穂高連峰の主稜線を撮影したものです。
この時は、前穂の山頂から望まれる奥穂西穂間の嶮しい稜線を、そこが7月の槍穂高縦走のクライマックスとなった場所であっただけにじっくりと撮影したいという気持ちもあった反面、紀美子平に父を待たせていた為そうのんびりもしていられず、少々せわしなかったように記憶しています。

※その時の山行で出会った涸沢カールの素晴らしい山岳紅葉の記事「【特別企画】錦繍の涸沢 2010」はこちら



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ

PageTop

穂高の風景2(未掲載在庫より)

撮影日:2010/07/20
撮影地:ジャンダルムを間近に望む(長野県、岐阜県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


今回も在庫から...。

2010年の槍穂高縦走のクライマックスとなった奥穂から西穂への途上、ジャンダルムを間近にして撮った1枚です。
このあと無事にジャンダルムに登頂、もちろん独り占めでした♪
(いまやこんな無茶ができる体力は無いと思います...)

※その時の記事「【特別企画】奥穂高岳からジャンダルムまで~槍穂縦走蔵出し 第3弾の1」はこちら



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ

PageTop

穂高の風景(未掲載在庫より)

撮影日:2012/10/08
撮影地:屏風ノ頭(長野県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


最近は更新を怠っていたので、取り敢えず在庫から...。

大好きな穂高連峰の中ではちょっと寄り道っぽい感もある屏風パノラマコースとその終点の屏風ノ頭。秋真っ盛りのとある日に、つい先ほど...10数分前までいた屏風ノ耳の方を振り返って撮った1枚です。
ちなみに、この時は屏風ノ頭を独り占めでした♪

※その時の記事「【番外編】久々に穂高を歩いてきました。」はこちら



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ

PageTop

袋田の滝 紅葉2017

撮影日:2017/11/09
撮影地:袋田の滝(茨城県久慈郡大子町)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


4年ぶりで袋田の滝にいってきました。

やっぱりこの滝は秋の紅葉シーズンが美しいですね。
紅葉もちょうど見頃でとても美しい景観を堪能できました。また今回は平日だったこともあって観光客も少なかったのもラッキーでした。

(以下、案内板より)
袋田の滝
この滝は別名「四度の滝」ともよばれています
西行法師がこの滝をみて感嘆し「これは四季に一度ずつ来て見なければ真の風趣は極められない」といって季節の移るたびに訪れたと伝えられています

花もみち経緯(ヨコタテ)にして山姫の錦織出す袋田の瀧 西行法師(平安時代の歌僧)



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ

PageTop

寶登山神社

撮影日:2017/11/05
撮影地:寶登山神社(埼玉県秩父郡長瀞町)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


休日を利用して、紅葉狩りも兼ねた秩父三社詣でにいってきました。

秩父三社とは、長瀞(ながとろ)の地にあって日本武尊の東征伝説に因んだ歴史をもつとされる寶登山(宝登山/ほどさん)神社、秩父の夜祭で有名で知々夫国一宮となる秩父神社、そして最近パワースポットとして大変人気の高い三峯(みつみね)神社を指します。三社いずれも社殿に施された極彩色の彫り物が特徴的です。
標高1,000メートルにおよぶ三峯は紅葉が最盛期でしたが、秩父や長瀞はまだまだこれからといった感じでした。


(以下、案内板より)
宝登山神社ご由緒

所在地 長瀞町長瀞
御祭神 神日本磐余彦命(かんやまといわれひこのみこと=神武天皇)
    大山祇神(おおやまつみのかみ)
    火産霊神(ほむすびのかみ)
例祭 四月三日

 当神社は、約一九〇〇年の昔、日本武尊が東北地方ご平定のみぎり、宝登山々頂に皇祖神武天皇・山の神・火の神をお祀りされたのがはじめと伝えられています。
尊が登山に先立ち、みそぎをされた「玉の泉」は今も社殿の後に残っています。
 また、登山の途中山火事のため進退きわまった時、多くの巨犬が現れて火を消し止め、尊をお助けしたことから、古くは火止山(ほどさん)と表し、後世宝登山と改称しました。
 なお、この巨犬は神様のお使いで御眷属と呼ばれ、火災盗難除・方災除・諸難除の御神徳が殊の外高く、更に宝の山に登るとの名前から商売繁昌・諸願成就の祈願も盛んです。

宝登山神社々務所



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ

PageTop

【シリーズ・日本の世界遺産】宇治上神社 本殿

撮影日:2017/10/09
撮影地:宇治上神社 本殿(京都府宇治市)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


宇治上神社は、応神天皇とその皇子である仁徳天皇および菟道稚郎子命(うじのわきいらつこのみこと) を祀る古社です。

本殿は平安後期の藤原時代のものとされ、現存する日本最古の神社建築とされています。3棟の内殿(向かって左から仁徳天皇、中央が応神天皇、右が菟道稚郎子命を祀る)を並べて、それらを流造の覆屋で包むという一風変わった様式をいまに伝えています。
3つの社殿を横ひとつに繋いだ珍しい神社建築というと、ほかに思い浮かぶものとして吉野水分神社(よしのみくまりじんじゃ)の本殿(※記事はこちら)なども挙げられますね。

・登録名称: 古都京都の文化財/Historic Monuments of Ancient Kyoto (Kyoto, Uji and Otsu Cities)
・登録年月: 1994年12月
・登録分類: 文化遺産

※こちらをクリックすると【シリーズ・日本の世界遺産】のインデックスをご覧いただけます。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。