1枚の写真

写真ブログ。気の向くままに撮った風景など...。

観音岳の一番高い岩に腰掛けて...

撮影日:2017/07/16
撮影地:鳳凰三山 観音岳山頂より(山梨県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


鳳凰三山の最高峰・観音岳(標高2,841メートル)の山頂でもっとも高い(と思われる)岩がありました。その上に立って写真を撮るにはちょっと不安定な足場でしたので、腰掛けて撮ることにしました(笑)

鳳凰三山最右翼(?)の地蔵岳オベリスクや、更には雲の湧き上がるその向こうに甲斐駒ヶ岳が顔を覗かせています。
連休中に行った鳳凰三山で撮った写真の中では、たぶん一番アルペン的な雰囲気なんじゃないかと思われる写真です。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ

PageTop

夜叉神峠からの白峰三山

撮影日:2017/07/15
撮影地:夜叉神峠(山梨県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


標高1,380メートルの夜叉神峠(やしゃじんとうげ)登山口から九十九折の登山道を登りきると、1,770メートルの夜叉神峠に辿り着きます。小屋の前から西の方角には白峰三山(北岳、間ノ岳、農鳥岳)の連なるさまが望まれます。

この位置から見える白峰三山はまさに真正面(真横)ですので、これら3,000メートルを超える高峰が横一列に連なる姿を楽しめます。これより先の鳳凰三山に近づくほど北岳の奥に間ノ岳、その奥に農鳥岳...といった感じに三山が重なって見えるようになりますので、これらの峰々を辿っていく縦走路を一望するにはこの夜叉神峠からの景色がなかなか良いかもしれません。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ

PageTop

鳳凰三山を歩いてきました。

撮影日:2017/07/16
撮影地:鳳凰三山(右手前が薬師岳、左が最高峰の観音岳)(山梨県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


15日から16日かけて南アルプス鳳凰三山を歩いてきました。
14日には稜線ほかで結構な土砂降りだったそうですが、幸いにもこの2日間は比較的天候にも恵まれて気持ちの良い山歩きを楽しめました。...そうは言いつつも、夜叉神峠からのダラダラと長い登りと、帰りの広河原までの下りとは結構歩き応えもありましたので、日頃運動不足の身には結構しんどかったです(苦笑)

稜線歩きの2日目は空気も澄んでいて、特に朝早いうちには南アルプスの山々やその向こうの中央アルプス、八ヶ岳や富士山などがくっきりと見えて好展望に恵まれました。それと今回ぜひとも見たいと思っていた鳳凰三山の稜線に咲く赤いタカネビランジ(※実際にはピンク色)の花にも出会えました。
また、今回の山旅では奈良からいらしていた素敵なご家族3人連れや、偶然お話する機会を得た北沢峠の長衛小屋のスタッフの方といった良い出会いにも恵まれました。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ

PageTop

アーティチョーク

撮影日:2017/07/02
撮影地:実家の畑
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


昨年から実家の畑で栽培しているアーティチョーク(チョウセンアザミ/朝鮮薊)です。
この季節になると大振りで青紫色の美しい花を咲かせますが、野菜として食用となるのはまだ蕾のとき。花が咲いた状態ならば食べ頃は既に過ぎてしまっているという事になります。

ところで最近、畑でこの花を見た方が関心を持たれたのだそうで、アーティチョークの種を分けて差し上げたのだそうです。たしかに目立つし、それにまだまだ結構珍しい花(野菜)ですからね...。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ

PageTop

富士と桜

撮影日:2017/04/19
撮影地:新倉山浅間公園からの富士山(山梨県富士吉田市)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


富士山の女神は、の花を神格化したものともいわれるコノハナサクヤヒメ(木花之佐久夜毘賣(記)/木花開耶姫(紀) ※【シリーズ・日本の世界遺産】浅間大社奥宮の記事を参照のこと)。
それだからという訳でもないのですが、富士の取り合わせはとても似合うと思います。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ

PageTop

弘前公園の夜桜ライトアップ

撮影日:2017/04/23
撮影地:弘前公園(青森県弘前市)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


4月23日に訪れた弘前公園の夜桜ライトアップです。
桜の花は満開にはいまひとつ早かったのですが、さすがは桜の名所だけあって夜桜のライトアップはとても綺麗でした。

それでは、どうぞご覧ください。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ

PageTop

岩木山神社

撮影日:2017/04/23
撮影地:岩木山神社(青森県弘前市)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


津軽を訪れた際にはぜひお参りしたりと思っていた岩木山神社。今回の弘前訪問を機に訪ねてみることにしました。

神社入口の鳥居のところからは正面に別名津軽富士とも呼ばれる岩木山が望まれ、古くからの岩木山大神への信仰をいまに伝えるかのようでもあります。
また、この方向からみる岩木山は富士山をはじめとする山岳信仰において描かれることの多い三峰型を地でいくかのような形をしており、まるで漢字の「山」の字のような美しい姿を見せています。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ

PageTop

ひたち海浜公園~ネモフィラの咲く丘

撮影日:2017/05/02
撮影地:ひたち海浜公園(茨城県ひたちなか市)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


国営ひたち海浜公園のみはらしの丘に咲くネモフィラは大変有名ですので、ぜひ一度見にいってみたいと思っていました。

ネモフィラは和名をルリカラクサ(瑠璃唐草)といい、北アメリカ原産で、4月下旬から5月中旬にかけて咲きます。ひたち海浜公園ネモフィラは多くがインシグニスブルーという品種で、花の時季にはこれらが一斉に花開いてみはらしの丘一面が青く染まります。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ

PageTop

弘前へ

撮影日:2017/04/24
撮影地:弘前城天守閣と岩木山(青森県弘前市)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


1週間前のこととなりますが、今年でちょうど100回目を迎えた弘前さくらまつりにいってきました。
の花は24日の時点で咲いている所でも八分咲き程度とまだちょっと早めでしたが、23, 24の両日ともに大変天気が良く気持ちの良い2日間を過ごすことができました。

平成27年(2015年)の秋より石垣の修復工事が実施されており、天守閣は曳屋されて現在も本丸中央寄りの仮天守台に移されています。そのため二の丸と本丸を結ぶ下乗橋越しの有名な姿を撮影することはできませんでしたが、その代わりに天守閣の向こうに岩木山を望めるさまを写真に収めることができました。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ

PageTop

狩宿の下馬桜

撮影日:2017/04/19
撮影地:狩宿の下馬桜(静岡県富士宮市)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


日本五大桜(※)のひとつ、狩宿の下馬桜。樹齢800年を超えるといわれ日本最古のヤマザクラとしてしられます。
の名所・吉野のものと同じアカメシロヤマザクラで白い花が咲くのと同時に赤い芽が出ることから、遠目にはそれらが合わさって淡いピンク色に見えるのです。

実は、16日に富士山麓の浅間神社巡りをした際に一度この狩宿の下馬桜にも立ち寄ってみたのですが、まだ三分咲き程度の状態でした。富士宮市によるとその2日後の18日に満開となったとの事でしたので、翌19日に再度見に訪れてみることにしました。結果は満開ではあったものの暑い日が2日続いたこともあってか落花も盛んで、風が吹くたびに花吹雪が舞っているのが却ってなかなかに趣きがありました。
また、この日は3日前の訪問時以上に富士山がくっきりと見えていましたので、前もって考えていた「狩宿の下馬桜と菜の花越しの富士山」という構図で撮影してみることにしました。


<案内板より>
狩 宿 の 下 馬 桜
国 指 定 特別天然記念物
指定年月日 昭和二十七年三月二十九日

 この地は「狩宿」といわれ、建久四年(一一九三年)源頼朝が、富士の巻狩の際に陣屋を設けた所と伝えられる。頼朝の本陣(宿所)は井出館におかれ当時の館は、現在の井出家の北東側にあった。
 「狩宿の下馬桜」は、別名「駒止めの桜」と呼ばれ、頼朝が桜の枝に馬をつないだと伝えられる。
 この桜は赤芽のシロヤマザクラで、花序四・五センチメートル、花径三センチメートル。開花時時期は四月十日から二十日頃である。
 かつては、目通り八.五メートル、枝張り東西二十二メートル、南北十六メートルの巨木であったが、たびかさなる台風等により損傷し、往時の雄姿はしのばれない。しかし、近年若芽の成長により樹勢を盛り返している。

  あはれその
    駒のみならず見る人の
      心をつなぐ山桜かな
             徳川十五代将軍 慶喜詠


*   *   *

※日本五大桜(うち上の3つが三大桜)の写真がすべて揃いました。

山高 神代桜
 
・【特別企画】山高神代桜

根尾谷 淡墨桜
 
・根尾谷の淡墨桜

三春 滝桜
 
・三春滝桜 その1
・三春滝桜 その2
・三春滝桜 その3
・【特別企画】三春滝桜
・満開の三春滝桜を見てきました。

狩宿 下馬桜
 
・狩宿の下馬桜

石戸 蒲桜
 
・石戸蒲ザクラ



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ

PageTop