1枚の写真

写真ブログ。気の向くままに撮った風景など...。

富士登山 お鉢巡り

撮影日:2019/08/18
撮影地:富士山頂(山梨県、静岡県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


富士山頂の巨大な火口、大内院のことを通常は「お鉢」と呼びならわしていますが、これには元々仏教的な由来があります。
富士山の頂上には直径600メートル、深さ220メートルにも及ぶ噴火口(大内院)がポッカリと口を開けていますが、これを取り囲むように八つとも九つともいわれる外輪山があって八峰などと称されました。仏教信仰が盛んであった江戸時代以前の富士山信仰においてはこれらを極楽の蓮の八枚の花弁に譬えてそれぞれに仏の名を冠したのです。釈迦、薬師、大日、阿弥陀、勢至、文殊...といった具合に。そして、これらを順に巡ってお参りすることを「八葉巡り」、あるいは「お八巡り」と言ったのを、大内院の形が擂り鉢に似ていることに掛けて次第に「お鉢巡り」と書き表わされるようになったのだとか。

昔ほど宗教的意義が強くはなくなった現在でも富士山の大内院を一周するお鉢巡りは盛んで、多くの人々がこの富士山頂一周を思い思いに楽しんでいるようです。
ちなみに、古来お鉢巡りは時計回りに巡るものとされてきました。これは宗教的な意味合いからとも、最高峰剣ヶ峰からの下りに馬ノ背の急斜面を通ることを避けるよう配慮したためなどともいわれますが、現在では特にそういった決まりごとは設けられていません。実際に私もどちら周りでお鉢巡りしたこともあります。

上に掲げた写真は須走口山頂の久須志神社前へ出るときに潜る須走ルート(吉田ルート)最後の鳥居です。「つづきを表示」で須走口山頂の久須志神社前から時計回りにお鉢巡りをご案内しましょう。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ

PageTop

富士登山 2019 朝の風景

撮影日:2019/08/18
撮影地:富士山 須走口山頂(山梨県、静岡県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


今年の富士登山での朝の風景です。
吉田ルートの山頂(本八合目で須走ルートと合流するので、通常は「須走口山頂」と呼ばれています)の久須志神社下の鳥居越しに黎明の陽の光に染まる雲が実に神々しかったです。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ

PageTop

富士登山 2019

撮影日:2019/08/18
撮影地:富士山 須走口山頂直下(山梨県、静岡県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


夏の恒例行事となっている富士登山。今年もいってきました。

今年は実に3年振りで富士山からの8回目の御来光を拝むことができました。ただし、渋滞に巻き込まれてしまいやむなく須走(・吉田)口山頂まであと100メートルあまりという山頂直下の登山道を逸れた岩場からでした...。まあ、標高差でいえば数十メートルの差でしょうから山頂のものと大差無いと言っても良いのかなとも思います。
※参考記事「ふと思ったけど、富士山での御来光って...」はこちら

今回は2年前(2017年)と同じく吉田ルートを往復してきました。往路は吉田口登山道の五合目(※)経由でちょっと寄り道しています。(※富士スバルライン終点の河口湖口五合目とは別の場所です)
実は、当初は下山に富士宮ルートもしくはプリンスルート(=御殿場ルート、宝永第一火口経由で富士宮口新五合目まで)を採るつもりでいたのですが、金剛杖の焼印を押すスペースが無くなってしまったために取りやめたのでした。というのも、吉田口六合目(といっても五合目佐藤小屋のすぐ上なのですが...)の里見平・星観荘さんで古の吉田口登山道の馬返し、一合目、二合目、三合目、四合目の金剛杖の焼印を頂けるようになった事を知って佐藤小屋さんの下にそれらを押していただき、その上には六合目の星観荘さんの焼印を、さらには山頂2神社(浅間大社奥宮と久須志神社)と五合目・小御嶽神社の刻印のすぐ下の位置には吉田(・須走)口山頂に鎮座する久須志神社の御朱印や金剛杖の刻印、木札等でお馴染みのフレーズ「六根清浄」と「富士山吉田口」のふたつの焼印を、ということで占めて8個の焼印を頂いたからなのでした。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ

PageTop

常念岳・蝶ヶ岳山行の写真

撮影日:2019/08/06
撮影地:常念岳山頂直下にて 槍穂高連峰を望む(長野県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


常念岳蝶ヶ岳山行で撮影した写真の一挙公開です。どうぞおつきあいください。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ

PageTop

常念岳~蝶ヶ岳を縦走してきました。

撮影日:2019/08/06
撮影地:常念岳山頂(長野県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


長い間お休みしていた本ブログも、久方ぶりの更新となります。

夏季休暇を取って、北アルプスの常念岳蝶ヶ岳を縦走してきました。
1日目は一ノ沢登山口から常念乗越へ、2日目は常念岳から蝶ヶ岳への稜線歩き、そして3日目に長塀尾根経由で徳沢、上高地へと下山しました。
実は、常念岳は前々から登りたいと思っていた山でしたがなかなかその機会が得られず、思い立ってから実に10年越しの登頂実現となりました。それだけに思い入れも深かったのですが、今回なによりも天気に恵まれて素晴らしい眺望の中で山歩きを楽しめました。
正直なところ久しぶりの縦走登山で身体に応えましたが、素晴らしい眺め、美しい花々、そしてライチョウとの出会いなど、思う存分に満喫できた3日間の山旅でした。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ

PageTop

名古屋城を見てきました。

撮影日:2019/01/12
撮影地:名古屋城 復元された本丸御殿越しに天守閣を望む(愛知県名古屋市)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


世間が連休でお休みの中、11日の金曜午後から14日の祝日まで名古屋出張してきました。
12日は午後から名古屋オフィスに行けば良かったので、午前中は名古屋城にいってきました。

この日は天気があまり良くなくずっと曇っていて肌寒い1日でしたが、現存する江戸初期の建物のひとつ西南隅櫓(別名、未申櫓/ひつじさるやぐら)を見学している途中から、そのあと湯殿書院と黒木書院(※いずれも最近復元再建された本丸御殿の一部)への入場待ちをしていたほんの10分ほどの間だけ晴れ間が覗きました。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ

PageTop

初日の出 2019

撮影日:2019/01/01
撮影地:SKY CIRCUS サンシャイン60展望台(東京都豊島区)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


新年おめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

毎年恒例となっている初日の出撮影ですが、これまでに海だったり、山だったりとあちこち出掛けているうちに、正直なところネタが尽きてしまいました(汗)
「そういえば、大都会の初日の出ってまだ撮ったこと無かったなぁ」などと思い、今年は東京 池袋のサンシャイン60にある海抜251メートルの展望台からの撮影となりました。

...で、その結果なのですが御覧の通りなんとも納得いかないものとなってしまいました...残念ながら (^^;

ちなみに、東の空は雲が厚く太陽が顔を出したのは日の出予定時刻よりもだいぶ後の7時ちょうどくらいでした。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ

PageTop

【番外編】2019年 富士山カレンダー

撮影日:-
撮影地:-
別ウィンドウで写真を拡大(640×433ピクセル)


いままで撮りためてきた富士山の写真12枚で来年のカレンダーを作成しました。
今年お世話になった方々に使っていただければと送らせていただきました。

○以下のサービスを利用しました。
  TOLOT


以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ

PageTop

大峰高原の七色大カエデ

撮影日:2018/10/21
撮影地:大峰高原(長野県北安曇郡池田町)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


(以下、案内板より)
 この大カエデは、昭和二十二年春に大峰高原開拓団により発見されました。開墾の際、楓の根がどうにもならなかったので、思案の末耕地の日当たりを考えて根から幹1mを残し丸坊主にして中央に残したそうです。昭和四十三年、大峰牧場ができ上に道を造った際盆栽のように立派になったこの楓が再発見され現在に至っています。海抜一千mに位置しフォッサマグナが下を通り、豊饒な火山灰地とこのくぼ地が根に栄養素を集めて山もみじとしては奇跡的な大樹に成長しました。毎年七色の紅葉が楽しめる大カエデです。根を踏まない枝を折らないなど、是非、樹を大切にして下さい。
(後略)


以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ

PageTop

富士山頂で今回感じた事など

撮影日:2018/08/11
撮影地:富士浅間大社奥宮(静岡県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


今年の富士登山において山頂でふと感じた事がいくつかありましたので、以下に記していきたいと思います。

※   ※   ※

○山頂のふたつの神社について
富士山頂に鎮座するふたつの神社「浅間大社奥宮」と「久須志神社」の神職の方々に、いままでお見掛けすることのなかった新しい方が多くいらしたような気がします。特に若手の方が増えて全体的に人数も多くなったように感じました。


以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ

PageTop